うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

ありふれた愛じゃない:村山由佳

ありふれた愛じゃない:村山由佳著のレビューです。

 

ありふれた愛じゃない

ありふれた愛じゃない

 

 

◆①会社の社長 ②年下のカレシ ③ワイルドな元彼 

             やだ・・・南の島に大集合!?

 

 

うぉー、なんでかなー、今回はいわゆる黒でも白でもない大人の女性を
描いた作品なのだけど、読みながらかなりたくさんの小言を

言いたくなるような内容だった。(決してつまらないわけじゃない)

 

村山さんの作品は結構読んでいてイライラすることが多いのです。実はね。
恐らく、出てくる女性のタイプがあまりにも女女していて気持ち的に
げんなりしてしまうことが多いのだけど、それらをひっくるめて
覗いてみたくなっちゃうから厄介なんです。

 

多分、村山作品のファンだけど、それを全面的に認めたくない

自分がいるという。でも、村山さん自体はテレビで拝見すると、

とてもしっとりとした大人の女性だし、特に嫌な気はしないのだけど・・・。

 

なのに何故か作品に出てくる女性たちに村山さんの姿を重ねてしまう。
要は村山さんの内部を見ている感じ。

 

困ったもので筆者の気配があちこちに見えてしまうパターンが続いています。
・・・という微妙な距離感で毎度作品を読ませていただいている次第です。

さて、今回の舞台はタヒチ


主人公は藤沢真奈、32歳。銀座の老舗真珠店でチーフマネージャー

職場の人間関係も色々あるが、責任のある仕事を任され油が乗って来る時期。
年下の恋人もいて、将来の結婚も見えている。

 

そんな彼女が真珠の買い付けにタヒチへ出張に行くことになる。
そこから一気にめくるめく男性たちとの関係が絡み合ってきます!

 

一緒に来た社長に口説かれ、危なく関係を持ちそうになったり、
何も知らず、休暇を取って会いに来る年下の恋人。
そして、昔の恋人だった自由奔放なワイルドな彼との再会。

 

この話ね、ボラボラ島のように美しくロマンチックな

場所じゃなかったら・・・とふと考えてしまった。


なんとなく、リゾート地特有の解放感に自分も酔いしれてしまったが、
出てくる男性陣、みんな「だめんず」よ?

 

社長は奥さんいるし、ついでに今回の浮気現場も目撃され
痛い目にあうし、年下の恋人は普段は大人しいけど、キレると豹変するし、
必死さゆえの執着心が怖い。


でもって、彼女の心を再度奪った元カレ。今の年下の彼と比べたら
そりゃ頼れそうだし、男っぽいかもしれないけど生活感がない。

 

あ、でも年下の男性と付き合ったことがある方は、
彼女の心の裡が、結構共感出来る場面も多いかな~と思います。

 

と、外野席でブツブツ言いながら読みふける。
本当に寝る時間削ったわけですが(笑)

 

どう?これらの話、ボラボラ島じゃなければ、ロマンチックな話でも
なんでもないのよね。ということは、村山さんの風景描写がいかに
素敵だったかということにもなるんですけどね。

 

主人公が出した最終結論はいかに・・・。

今回の話で興味深かったのは、男性でありながら女性として育てられた
〈レレ〉というバーテンダージョジョ

また、部族伝統のタトゥーの彫り師など、登場する人物たちから

タヒチの風習などが話の中で触れられていたのがとても楽しかったです。

 

さて、あれこれ突いてしまったが、恋愛は突っ走ろうと思えばどこまでも!
主人公の女性を見ていて最後に思ったのはこれ。
情熱的ではあった。でも憧れまでには至らなかったわ。

 

それよりも青い海と空が恋しくなる1冊でもあった。

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

 

みんなの機内食 :機内食ドットコムRikiya

みんなの機内食機内食ドットコムRikiyaのレビューです。

みんなの機内食

みんなの機内食

 

 

 

◆ビーフorチキン? 妄想旅行して参りました!

 


飛行機の中で「堂島ロール」食べたーーい!
「エアモスバーガー」食べた―い!!

 

ちょっと前まで、休みになるごとに安くて気ままな旅に出ていました。
もっぱらエコノミーですが、それでも機内食の始まる時間の
あのムワァっとした匂いがしてくると、食べる体勢に入る私です。
どんなに眠くたって、逃しませんよ、機内食

 

長距離で何回も食事のサービスがある時も
「もう食べられないよねぇー、多すぎない?」なんて言いながら、
中身を確認しつつ、ちゃっかり食べてしまうという…。

 

すごーく美味しいわけでもなく、またあの航空会社の○○が

食べたいといったことはほとんどない。

私的には、ディズニーランドの食事と似ているものを感じます。

なのに、飛行機の人になった時から、機内食のことがやたら
気になる不思議さは何なんでしょうねぇ。

 

さて、この本はめくっても、めくっても、機内食
110人の「機上の晩餐」お見せします!」がサブタイトル。
1日に3万アクセスの人気サイトの書籍化ということですが、

このサイト、知りませんでした。


各エリア別に分け、航空会社・クラス別の食事を紹介していきます。
(エコノミーとビジネスクラスがほとんど)

 

そしてたまにコラムがあり、ドンぺリで手を洗っていたCAの

裏話など出てきます。また、機内食工場にも潜入。

ハラル(イスラム教徒用の食事)の工場写真なんかもありました。

 

やはり、定評のあるシンガポール航空の食事は美味しそう。
中国系は、見た目、大雑把な感じがするけどボリューミィで旨そう。
エスニック系の料理が美味しそうなエリアも捨てがたい。
特別機内食って結構美味しそう、一度食べてみたいなぁ。

 

あーでも、エミレーツ航空って豪華っぽい。ドバイ行っちゃう?

と、一人ブツブツ心の中で言いながら、飛行機の中に居る自分を妄想。

 

飛行機に乗る予定はないけど機内食が食べたいという方には
レジェントオブコンコルドという、機内食が食べられるレストランが
関西空港内にあるそうです。

でもやっぱり、機内食は機内で…これが正解のような気がします。

 

お腹のすいた時間帯に、こんな本を読んでしまい、

一種、拷問状態でしたがやっぱり、美味しいものを見る時間は

幸せですねぇ~。

旅好き、飛行機好きの現実逃避にぴったりの1冊でした。

 

あの頃-単行本未収録エッセイ集:武田百合子

 あの頃-単行本未収録エッセイ集:武田百合子著のレビューです。

 

 

◆過ぎ去ってしまった「あの頃」は、

       文章を通して再び私たちの中で息を吹き返す。

 

 

発売前から今か今かと心待ちにしていた一冊。

百合子さんが亡くなってもう24年も経つそうです。
各出版社から未収録のエッセイを出版したいという
依頼が娘の花さんのところに来ていたそうですが、
その都度お断りしていたとのこと。

 

そんな花さんが時を経て、自分の頭がしっかりしているうちに1冊にまとめ、
母の文章を読んでみようという気になり、こうして出版に

たどり着いたそうだ。
出版は「富士日記」以来縁が深い中央公論社

 

1977年から1992年までのエッセイ。
私の風土記、テレビ日記、映画館など一定のテーマをもとに

集めたエッセイも、ふんだんに詰まっています。

 

夫・泰淳さんとの仲睦ましい日々の話はもちろん、
ちらほら登場する大物作家さんたちを綴った貴重な話も。

 

特に百合子さんと吉行淳之介氏が繋がっていたとは思わなかったので、
思わずワナワナしてしまった。

 

なんでも百合子さんは娘時代に吉行氏と飲んでいたらしいが、
大人びた美男の吉行氏に無視され、くやしくて、机上にあった
缶詰の空き缶を吉行氏めがけて投げまくったそうだ。
そんなことをされても吉行さんはその空き缶を避けながら、
落ち着いて飲んでいたそうだ。

 

で、話が終わるのかと思いきや・・・まだあった。
ある日の飲んだ帰り道、吉行氏と一緒に歩いていた百合子さん。
「やい、よしゆき」といきなり力まかせに吉行さんの顔を
ひっぱたいたというじゃないですか!

 

なんでしょうね、構って欲しい気持ちが異常な形として

表れたのでしょうか。それとも酒癖が悪いのか?
余裕の淳之介、必死な百合子って構図が可笑しくって。

 

吉行さん、こんなことされても後日普通に「これから家へ来ない?」
なんて誘っているから、やはり「人たらし」なんだよなぁ。

 

百合子さんまでも結局と言おうか、淳之介に結構なお熱をあげていた
一人だったのですね~

 

・・・というエピソードを面白く拝読しつつ、百合子さんのエッセイから
様々な街並みや、当時の人々の描写に釘づけになった。

 

どうしてこんなに読者の私までもが鮮明に情景が浮かぶのかと
思っていたのですが、百合子さんの文章は何気なく佇んでいる

人ひとりを書くにも、かなり細かく細かく描写している

からなんだろうな。

文字を追うごとに浮かび上がってくる脳内映像はそんな描写の賜物。
そこには余分なものは何もなく、あったもの、いた人の姿が
そのまま映し出されてくる。

 

場所ならその場所へ行った気分に。
人ならその人に会ったような気分に。

 

エッセイを一編一遍読むたびに、
どこかから帰って来たような気持ちになる。

 

最後にわたしの心の中にくっきり刻まれたシーンは

武田家のお花見の話だ。
シンプルな家族の光景が、まるで古いアルバムを見ているような・・・・
鼻の奥がツンとくるひとコマ。
普通の話だけどなによりも愛おしい日々の回想だ。

 

過ぎ去ってしまった「あの頃」は、
文章を通して再び私たちの中で息を吹き返す。

 

読み終わってしまうのが無性に淋しい。
ですが、再び百合子さんの本に出逢えて嬉しかったです。
本の出版を決断された武田花さんと出版社に心から感謝を申し上げます。

 

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com