うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

野蛮な読書:平松洋子

野蛮な読書:平松洋子著のレビューです。

野蛮な読書 (集英社文庫)

野蛮な読書 (集英社文庫)

 

 

 

◆本は本を連れてくる…そうなんだよなぁ~と思わず頷くページ続出

 

 

会った瞬間から、マシンガンのごとく話し始める人って居ますよね。
別れたあとも、なんか耳がワンワンしちゃうような…
声こそは聞こえてきませんが、読後にこんな感覚になった迫力本。

 

いや、決してうざったいと言う意味ではなく、それくらい文字が迫ってくる
という気迫が感じられる文体であったということなのです。

 

平松さんご自身、きっと読むのも書くのも大好きなのでしょう。
泉のように言葉が次々に湧き出て来るのではないかと思うほど、
その語彙力、表現力に長けている方なんだという印象。
文字が飛び跳ねているというか、とにかく活きがいいのです。

 

こんな風に、感じたことをスラスラ表現出来ちゃうのは
なんとも羨ましい限りです。

 

平松さんの日々の出来事と、書評がうまく交わって行く内容。

沢村貞子山田風太郎獅子文六宇能鴻一郎佐野洋子
川端康成…など103冊を紹介しています。

 

なにげなく、話が始まっていくので、気付かなかったのですが、
最後に紹介された本のリストを見たら、1話に10冊くらい紹介されていました。

 

ちょうど「100年前の女の子」という書評を公開し、
その直後に、平松さんの同本の書評を読むことになった私。
同じ本を読んでいたことに喜びを覚える半面、どんな書評を

書かれているのか興味津々。

はぁ…言いたいことは一緒なのに…と、石ころを蹴りたい気分に(笑)

 

「本は本を連れてくる」…大きく頷いたこの一言。
シンプルなことなんだけど、読書の醍醐味って、まさにコレって思うのである。

 

平松さんの言葉通り、ここで紹介されたたくさんの本に刺激を受け、
読者はまた次の本へと繋がっていく。

 

読みたい本が山ほどある。
隙あれば活字を追い、新しい本を求め、所かまわず読み続けたい。
この本を読み、益々、読書の愉しみと喜びを実感しました。

 

タイトルの「野蛮な読書」…なんとも良い響きである。

 

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

2050年は江戸時代―衝撃のシミュレーション:石川英輔

2050年は江戸時代―衝撃のシミュレーション:石川英輔著のレビューです。

2050年は江戸時代―衝撃のシミュレーション (講談社文庫)

2050年は江戸時代―衝撃のシミュレーション (講談社文庫)

 

 

 

◆これは、笑えないシミュレーション!

             こんな日がいつ訪れてもおかしくない。

 

 

サブタイトル通り衝撃のシミュレーション。
面白かったとともに、ちょっと笑えないなーと、

読みながら色々なことを考えさせられました。

 

2050年。

その時の、日本は一体どうなっているのか?
この小説は2050年の日本から、現在私達が暮らしている時代を、
老人たちの話を通して振り返るもの。

 

この老人たちというのがつまり私達世代の人々になるわけです。
私達のいるこの時代は「東京時代」と呼ばれ、どのように

「大刷新時代」に移っていったのかが語られる。

 

老人たちの話は面白いです。

なにせ私たちが経験したり、見たりしてきたことが、
昔話として登場するわけですから「そうそう」といった具合で、
まるで自分が老人になった感覚、なんかヤミツキになりそうでした。


「大刷新時代」以降、自給自足、農業中心の生活になり、

一日三時間半働けば暮らせる晴耕雨読の生活。

人口も減り食生活も質素になったことから成人病が減るなど、

シンプルな生活だけどメリットも多く、人々は返って幸せそうに映る。

 

それゆえに、今、私達が暮らしている便利な生活の異常さが

浮き立って来る。

なかには「東京時代は良かったよ」という老人が出て来るのだが、
「そんなことのどこがいいのだろう?」と、若者たちは思うのである。

 

この話にも出て来るヒートアイランド
夜になっても気温が下がらず30℃…。
そんな異常さを新しい時代の人たちはびっくりしているのですが
私はまさにそのど真ん中の寝苦しい夜にこの本を読んでいた。

もうこの状態が普通になりつつある現在。
いやいや、いつまでもこのままにしておけない問題も山ほどある。

 

震災後、私達は今までの生活がいかに便利でなんの不自由もなく
生活してきたことを思い知った。

そして、過剰すぎる部分を見直そうと試みている。
これからどこまで改善できるのか。

 

現代が時代小説になった?という、なんだかとっても
不思議な世界を見てきた感じです。

 

 

 

八幡炎炎記:村田喜代子

八幡炎炎記:村田喜代子著のレビューです。

八幡炎炎記

八幡炎炎記

 

 

 

◆人間なんてららーらららららーらー♪

 

 

人間誰しも蓋を開ければ、時に情けなかったり、気弱だったり、
小ずるかったりするわけだけど、そんな人間臭さや愚かさを
正面から見るような場面はめっきり少なくなった。

本書は今となっては人々があまり大っぴらにしない
「人間の臭い部分」を包み隠さず描いているところに面白さがあった。

だからなのか、登場する人々の行動や言葉には、
何とも言えない吸引力がある。

大人が泣く。
アル中男が大暴れした末に、母親でもない他人に抱きつき
おんおんと泣く。彼は酒のせいで子供返りしているのだ。
「オンマ、乳くれえ」って。

抱きつかれた方も呆れてはいるものの放っておくことはせず、
とん、とん、とん、と布団の上から胸元を叩いてやる。
やがて軽い鼾が聞こえてくる。

子供も泣く。
子供は自分の悲しみがどこから来るのかはっきりと解らない。
自分の感情に戸惑う。それゆえに子どもたちが泣く場面は胸を締め付ける。

ここに出てくる子供たちはみなし児ではない。
親きょうだいは居ても肉親に縁の薄い子たちである。
とは言え、ちゃんと面倒をみてくれる大人たちはいる。

現状不自由な生活ではないけれど、美空ひばりの唄を聞き、
何かが突如決壊したかのように一人の女の子がえーんと
大きな泣き声をあげると、他の子もわーんと泣き出す。

大人も子供も一生懸命に「泣く」。
こんなにもあられもなく泣くのかと思うくらいに。
心の中に渦まいていた毒素を浄化させるかのごとく泣く。

つまるところ人は皆、心の中に何らかの闇や淋しさを抱えている。
男も女も子供も老人も病人も、その隙間を埋めるために、
ダメで情けないと解っていても悪い方向に流されていくこともある。

そして心の中に毎日蓄積された“ごちゃ“っとしたものが、
いろんな形になって人々の行動に現れる。

コントロール不能になって、自分の感情をむき出しにした大人と子供。
本書の「泣く」場面は、剛速球でやって来て、深く心に刺さる。

製鉄所のある北九州八幡を舞台にした本書は、当時の活気ある町の様子も含め
ヒナ子という一人の少女の成長を軸に、ちょっと愚かで薄汚れた大人たちの
日々を描いた村田さんの自伝的小説。

その内容は多岐にわたり、村田さんの個性が光るエロチックなシーン、
摩訶不思議なシーンを挟み込みながら時代を駆け抜けていく。

お便所の穴の中に篠栗山の霊場があり、そこを白装束を着た
おばあちゃんたちが黄土色の山谷を巡っている

 
━━━━なんて場面が登場するんです。不気味でしょう。
村田さん特有のこういう表現に最初は戸惑ったけど、今は嬉しくてゾクゾクする。

特に何かに向かって進むような小説ではなく、日々の生活を描いたものに過ぎない。
しかし、随分とたくさんの人と出合い、いろんな出来事を目にして来たなぁ
という興奮が残る。本を読み終わっても様々な人々のワンシーンが浮かんでは
心のざわめきが止まらない。

続編はどこまで描かれていくのか・・・
あの人たちのその後がまだまだ読めるのかと思うと喜びが込み上げる。