うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

しあわせのねだん: 角田光代

しあわせのねだん: 角田光代著のレビューです。

しあわせのねだん(新潮文庫)

しあわせのねだん(新潮文庫)

 

 

 

◆お財布の中身はいくら入っていると安心?

 

 

「値段」って漢字表記だったら、もっと現実的なことを

イメージしたかもしれませんが「ねだん」平仮名表記だと、

なんかほのぼのしますねぇ。

 

財布の中身、つまり所持金はいくらくらい持っていると安心ですか?
私はカード払いが嫌いだから、現金派。
だからと言ってそんな所持金を多く持つことはない。

 

角田さんの友人曰く、特別に何か買う目的のない普通の日の所持金は…

年齢を四捨五入した数×1000 つまり27歳なら3万。

21歳なら2万ってことらしい。

 

へぇ~~。そうなのか…。
そう言えば、周りの人達がいつも幾らくらい持っているのか

聞いたことないな…。

 

「1万円もある」「1万円しかない」という考えの違いなど、

本当にお金に対する感覚って十人十色ですよね。

 

そんな日常の様々な「ねだん」にまつわる角田さん流のエッセイ。

 

クリスマス後物欲35000円、想像力1000円等など、
一体なんのことだろうと言うものまである。

 

また、母娘の旅行「記憶9800円×2」
この話、女性だったらこんな経験おそらくあると思う。
ホロリと来るんだなぁ。

 

男値段、女値段なんていうのも、角田さんならでは
面白い視点だなぁーとひたすら感心しました。

 

ところで、ここに出て来た小林製薬の「イララック1500円」
イライラを抑える薬、まさか本当にあるとは思わなかった。
さすが、小林製薬。このネーミングにも脱帽!
この薬の登場する角田さんの怒り話、読んでいる私もイライラが感染。

 

2005年に出版された本ですが、いつ読んでも面白いエッセイだと思います。
ちょっと一息にはもってこいの1冊でした。

 

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

断髪女中:獅子文六

断髪女中:獅子文六著のレビューです。

 

断髪女中 (ちくま文庫)

断髪女中 (ちくま文庫)

 

 

 

◆短編も面白い。獅子文六!!

 

 

久しぶりの女中もの。しかも文六氏の書いたものなら
十分楽しめるはず!と、本を開く時はかなりのワクワク感です。

 

本書は山崎まどかさんが獅子さんの短編を編集したもの。
すべてが女中さん関係の小説かと思ったのですが数篇のみ。

 

ドタバタ劇の印象が強い文六作品。
短編はうんとコンパクトにそのドタバタ劇を収めている感じが窺える。

 

相変わらずの人間模様、そして何といっても当時の文化や生活感が
しっかり無理なく描かれているので、読んでいてとても楽しいのです。

 

文六作品は、時代がくっきり表れるような内容であるにもかかかわらず、
何故だか古さを感じさせない雰囲気がある。
自分もその時代にまるで居たかのような感覚で読めてしまうから不思議だ。
当時の人々は文六作品をどう読んでいたのでしょうか?
とても新しい感覚に触れている感じだったのかな~。

 

さてさて、たくさんあったので絞り切れないのですが印象的なのは

表題の「断髪女中」。
「女中不足」でなかなか女中が見つからないという状況下に

やって来たのが断髪の女中さん。

さて、この女中さん、ちゃんとお仕事ができるのか?

 

その他にも「おいらん女中」「見物女中」「竹とマロニエ」と、
ぞくぞくと個性的な女中さんが登場。

 

特に「おいらん女中」は昔お客さんだった人が家庭を持ち、
その家に今度は女中として雇ってもらうというなんとも不思議な
人間模様を描いた作品。ちょっと得ない設定だなぁと思ったけど、
子育ての仕事をしっかりやり遂げた「元おいらん」の人生は
心にじんわり来るものあった。


雇う方も、雇われる方も、今では考えられないような人情が育まれ、
とても懐の深い良いお話でした。

 

また、フランスにも行っていたという文六さん。
登場人物に西洋人も登場するなど、ちょいちょい「文六色」を
漂わせています。

 

今回、はじめて文六さんの短編を読みましたが、
いずれも現代人にも無理なく読める平易な文章なので
物語に入り込みやすいです。

 

獅子文六の本はちょっとしたブームなのか、
続々と出版されなかなか追いつけないですが、
年に何冊かずつでも読めるといいな~って思っています。

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

 

 

知れば知るほど面白い ツタンカーメンと古代エジプト王朝:近藤二郎

知れば知るほど面白い ツタンカーメン古代エジプト王朝:近藤二郎

著のレビュ―です。

 

本が好き!の献本書評

 

◆知れば知るほど…知らなかったことが多すぎたことを

               自覚した1冊になりました

 

 

知れば知るほど面白い…というタイトル。
私には知れば知るほど無知だった…という事実が判明した1冊でした。

 

古代エジプトと言えば、ピラミッド。(そうそう)

これまで発見されたのはわずか60基。(え?そんなにあったっけ?)

ピラミッドゾーンに建設したとみられるファラオの数はおよそ80人。
(てか、80人も!多くない?)

 

一人のファラオが複数のピラミッドを作っている例も見られるので
100から120基くらいは建てられたのではないかと考えられる。
(なに、その複数ってさ)

 

未発見は砂漠から吹き飛ばされた砂の下に埋まってしまっているから。

(埋まりすぎじゃない?あんな大きいのに!)

 

括弧の中は私の独り言です。ピラミッドひとつとっても終始この調子。

今まで、古代エジプトの番組をワクワクした気分で見ていましたが、
私は一体何を見ていたのだろう?

 

ミイラ、装身具、吉村先生とか、緻密な建築。
ラクダに乗ってみたいけどボラれそうとか、ピラミッドの見えるKFCとか…

番組は丁寧に制作され、詳しい説明もなされていたはずですが、
きっと映像的なインパクトが強くて、実はあまり身になってなかった
のかもしれないなぁ…と、苦しい言い訳をしたくなります。

 

ということで、改めて、古代エジプトを学習するのにいい機会になりました。

内容は12の謎から始まり、初期王朝・古王国時代、中王国時代、新王国時代
末期王朝・プトレマイオス朝時代のファラオたちの業績や特徴などが、
次々と紹介されて行きます。

 

○○1世、○○2世など、結構な人数ですが、どのファラオも個性的です。
(名前は覚えられないけど…)

 

自分好みのファラオを見つけてみたり、顔の絵を見てハンサム度を比較したり
しながら読み進めてみました。

 

私はこれらの章の最後にあるコラムが好きでした。
王女が動脈硬化で亡くなったとか、人工衛星でピラミッドを発見するとか
読みやすい内容でした。

 

自分が知っていた古代エジプトは、テレビに映った小さな世界と豆粒ほどの知識。

3000年の歴史、250人くらい居たと言われる数多のファラオたち。
「どうだ、知らなかっただろう?そう簡単には教えてやらないぞ!けっ。」という
当時の人々の声も聞こえて来そうです。

 

謎が多いのが当たり前で、むしろここまで様々なことが判明していること自体に
驚きをおぼえました。

 

今後テレビで放送があれば、この本片手にもう少し真面目に
見てみようと思いました。

そして、いつかこの目で本物も見てみたいと…。

ラクダにも乗りたいですしね。