うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

一円大王:谷口英久

一円大王:谷口英久著のレビューです。

一円大王

一円大王

 

 

 

◆「一円分だけ売ってもらえませんか?」という試み

 

 

こちらの本は、MXTV「5時に夢中!」という番組内

「珍本鑑定団」というコーナー(現在は終了)で紹介されていて、

思わず「もぅー馬鹿だなぁ…」と笑ってしまった1冊。

 

「すみません、これを1円分だけ売ってくれませんか?」


と、作者は様々な店でこのような問いかけをし、

物を買うという実験を試みる。ざっとどんなものかというと…

 

・床屋で1円分のカット
・1グラム1円のレストランで1円分の食事をする
・1円分の靴磨き
・外国人娼婦に1円玉で何を買う?
・托鉢修行僧から1円分のありがたい言葉をいただく
・1円分の眉毛カット
サラ金で1円借金契約
・かつら会社で一本1円の植毛

 

等々、まだまだ書ききれないほど、色々チャレンジしている。
中には、相手にされないものもあるのだけど、上手くいったものに関しては
きっちり、領収書をもらい証拠として写真掲載がされています。

 

「マユ毛1本」と書かれた領収書は滑稽なのですが、

それまでのやり取りなどを考慮するとなかなか感慨深いものになる。

 

本書を読んで感じたのは、1円はお金だけど、1円だけ使うことが

いかに難しいことか。
「1円分ください」とお願いした時、人はどう反応するのか?

 

ジョークとして一緒に楽しんでくれる人もいれば、

気持ち悪がり相手にしない人も出て来る。

確かにそんなこと言われたら「ん?」と警戒してしまうのが

普通かもしれません。

そんな普段出会えない状況を観察するのにこの本はとても参考になる。

 

はじめは、この実験で「1円で何が買えるのか」に

興味を持っていたのですけど、最後の方になると人間性

観察するという視点に変わっていた。

 

そして、もしこんな状況になったら、一緒に楽しんでしまう

余裕ぐらいは心の中に持っていたいものだと感じました。

 

谷中のお米屋さんはそんな余裕を感じさせられたひとつ。
「これじゃ領収書代にもならないよ」と言いながら

タイ米5グラム売っている。とても良い話でした。


~一円大王の3つのお約束~
①1円でものを買う
②知り合いの店では買わない
③領収書をもらう
以上3つを守りながら、実験実行。

 

 

絶対に出る 世界の幽霊屋敷:ロバート・グレンビル

絶対に出る 世界の幽霊屋敷:ロバート・グレンビル著のレビューです。

 

絶対に出る 世界の幽霊屋敷

絶対に出る 世界の幽霊屋敷

 

 

 

◆何を期待して読むか。怖いという気持ちを高めて読めば怖くなるかも!?

 

 

タイトル勝ちでしょうか。
好奇心旺盛の怖いもの好きな人のツボを押す魅力的なタイトル。
脇目もふらずに図書館に予約を入れたわけですが・・・。

こういう本の評価はちょっと難しい。
読者自身が何を期待しているかによると思います。
読後に振り返ってみて私は一体何を期待してたのかな~と。

・読んでみて行ってみたいと思うのか(そもそも怖いところに行こうとは思わない)
・なにか怖いものが写っているかも?

(それはちょっとあるけどそこまで期待してない)
・マメ知識として知っておきたい

(世界のどこに出るとか知ってても披露する場もなし)
・夏だから怖いモノでも読んで涼しくなりたい

(この夏の暑さは読書くらいで緩和されるわけがない)

など、ゴソゴソと書きながら考えたわけだけど、
実は読む前からほんとはたいして期待してなかったということが判明。
ただひたすらこのタイトルにやられたとしか言いようがない。

で、肝心の内容ですが、何も知らなければ、海外の綺麗な建物図鑑的な写真集。
そこにちょっとした幽霊話が添えられているのですが、それも怖くないです(笑)
「灰色の貴婦人」とか「赤い貴婦人」とかカラフルな貴婦人がやたら出る
海外のお城事情は、どこか幻想的なおとぎ話の雰囲気です。

白黒ページだったり朽ちた内部など、確かにちょっと寒々した風景もあるけれど、
「写し方、写し方」と呟く。敢えて怖そうに写している意図的なものを感じます。

撮影箇所は、
城、要塞、ホテルや公共施設、家、屋敷、宮殿、工場、病院、刑務所、
宗教施設、町、都市、島 などです。

往々にして出る場所は、やはり過去の悲しい出来事に起因している。
人が大勢亡くなっている場所は、万国共通出やすいみたいですね。
天然痘やペストで多くの人が亡くなった場所の話は、やはり辛いものがある。

しかし、私的には欧米のお城などの建造物の写真集を見た感覚で、
怖さは全くなかったです。

あえてひとつ挙げるとすれば、スロベニアのプレジャマ城。
13世紀に石灰岩の前に建てられたというお城ですが、
これが寒々しい雰囲気で・・・。
彷徨える霊が今でも出るというのが解かるような「気配」を感じました。

「世界の」とあるのにアジア圏が少なすぎる。
アジアが登場したらまたひと味違った空気感がきっと出ただろうに。

ということで、まずは何を期待して読むのか?
読んで満たされるか満たされないかは、そこに決め手が

あるように思えました。

ふる: 西加奈子

ふる: 西加奈子著のレビューです。

 

ふる

ふる

 

 

 

◆言葉があなたにふってくる 

 

 

さて、今回もまた違ったテイストの作品に出会いました。
読み終わって改めて見ると、うんうん、内容のイメージとすっぽり重なる。


池井戸花しすは28歳の職業はAVへのモザイクがけ。
やぁー、初っ端からこの設定で挑んでくるあたり、読者の興味を一気に
かき立ててくれます。

 

内容はこの花しすの日常で関わる人間関係や出来事を、

今と昔を振り返りながら進行していくという静かな

生活風景を描いたものだけど、不倫、結婚、仕事など
結構シビアな話も盛り込んでいる。

 

その日常は西さんならではのセンスのある会話で綴られているのですが、
今回、もうひとつ印象的なのが「女性器」について。

 

これは花しすの職業からも今回の「鍵」になっていると思うのですが、
様々なシーンでこの「女性器」が出て来る。

(といっても、決して下品ではない)

 

自身の初潮であったり、介護されているおばあちゃんのそれであったり、
仕事で見る外国人のそれであったり、産婦人科であったりと…

要所要所その存在と女性との関わりを考えさせられるシーンが出て来る。

 

そしてもうひとつ。花しすだけが見える「白くてふわふわしたもの」。
この正体はなんだろう?言葉にするのは難しい…。

 

同僚や友達との会話も、ちょっとじんわり来る感じも健在。
でも全体を通してふわふわした浮遊感があるのです。
これは読んでいただかないとなかなか伝わらないなぁ…と思うのです。

 

          よ
  い   い
お   し


本書内で何度も色んな言葉が降って来ます。
こんな風に言葉が空から降って来るように書いてあるんです。
忘れたころに降って来るこの言葉の数々も非常にユニークです。

 

今回書評ではあまり主人公の性格やら、その周りの人々について
書きませんでしたが、もちろんどの人々も個性があり魅力があります。
でもそれ以上に、全体的に漂う雰囲気を感じていただけたらいいなぁーと。

 

不思議さとふんわりした優しさに包まれる…

これからの季節にちょうどいい作品でした。

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com