うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

バレエシューズ:ノエル・ストレトフィールド

 バレエシューズ:ノエル・ストレトフィールド著のレビューです。

 

 

◆三姉妹の未来に幸あれ!

 

 

なんて可愛らしい問いかけで終わる物語なのでしょう。姉妹たちの突然の質問にしばらくの間、物語の中の出来事をあれこれ振り返る。お茶目な姉妹が目を輝かせながら、わたしの答えを今か今かと待っている気がしている。このレビューを書き終わる頃には答えが出せるかしら?

フォシル三姉妹。実は「フォシル」という姓は姉妹が勝手に自分たちにつけたもの。なぜなら彼女たちは元々姉妹ではなく、ある学者に赤ちゃんの時に引き取られた子たちだったのです。彼女たちは姉妹になり、祖先など関係なく自分たちで自分たちの名を歴史に残そうと健気に誓い合うのです。

学者はその後、航海に出たきり行方不明になってしまい姉妹はその姪のシルヴィアやメイドたちと共に生活をするも、家計はどんどん厳しくなっていく現実。生活のためにシルヴィアは家の一部を人に貸し出しなんとかやりくりしています。

姉妹たちは演劇アカデミーでダンスや演技を学びます。各々の才能を生かしそれぞれの分野に力を入れて学ぶ中、少女たちは様々な経験を重ねていきます。自分にとって何が得意で何が苦手か、他者と比べることによって見えてくるものは大きい。特に自分の方が優れていると勘違いし天狗になった者への大人の厳しい指導は、彼女たちが成長していく上で大事な役割を果たしています。

とにかく本書に登場する大人たちがとても魅力的な人たちばかりだ。
懐が深く、思慮深く、子供たちの気持ちを察する繊細な配慮の出来る大人たちに何度も感動させられるのです。少女たちの成長をわくわくした気持ちで読み進められたのも、脇役であった大人たちの存在がとても大きかったことに気づかされる。

毎度つくづく思うのですが子供の世界を描いた物語で素敵だなぁと感じさせられるものには、必ず素敵な大人たちの存在がある。「あぁ、こんな風に子供の気持ちを察し、こんな風な言葉でおしえてあげることができるのか」と、いつも感心してしまう。

本書に登場する大人たちも厳しさと優しさの匙加減が絶妙です。特に下宿人のシンプソンさんとペトロ―ヴァの温かい交流が印象的でした。

と、なんだか大人たちの話になってしまいましたが、この物語はもちろん少女たちが主役です。幼いながらに働いてお給料をもらい、少しでも家計の足しになるよう努力する姿、夢を追いかけて花開く日を目指していく姿、時に自分を見失いながらも、3姉妹が力を合わせて乗り越えていく様子を見ながら読者も明日を夢見る気分にさせられるのです。大人の本とはまたひと味違う充足感。物語の世界に包まれる感じを十分感じられた素敵な一冊でした。

さて、それぞれの道を見つけ羽ばたいていく姉妹たちの姿見送りながら、彼女たちの最後の問いかけをまだ考えているわたしがいる。ん~~やっぱり、答えは出せないままです(笑)

 

 

 

血を売る男:余華

血を売る男:余華著のレビューです。

血を売る男

血を売る男

 

 

 

◆血がどんどん湧いてつくられるように中国人の逞しさが漲る

 

 

━最も過激な中国人作家による涙と笑いの一代記。

という謳い文句。タイトル、装丁どこをとってもなんとも表現し難い雰囲気が漂う。

 

文革時代の中国を舞台にした家族の物語。
とにかく最初から最後までどこを切り取っても混沌としていたし、人々の雑然とした会話が飛び交う。たまにホロリとさせられる場面があったりする。気持ちを振り回されながらも全体的には面白く読ませてもらいました。

 

一家のあるじであるサンクアンは貧しい村に生まれ、結婚をし、3人の息子をもつ父親。生活は一向に楽になることはなく、苦しくなるばかり。加えて長男、実は妻の不貞で出来た子供だということが判明し、夫婦はてんやわんや状態に陥る。なんの罪もない長男につらく当たる父。親子の話は、長男が不憫でならなかったが、やがて話は感動的なものに変化する。

 

さて、表題の「血を売る」だ。
サンクアンは家族がピンチに陥るごとに血を売りに行く。400mlの血を売ると結構なお金になるということで、彼はいそいそと出かけてゆく。もちろん健康な体あっての血液ということだが、血を抜く事前に水を大量に飲んだりし、通常の献血はえらく違いがありそうだ。時に死に至るほど体を衰弱させてしまう危険な行為と言う。

 

村の男たちは血を売った帰りに豚レバー炒めと紹興酒一合を飲む。
そのシーンが唯一彼らの至福の時のように映る。

 

家族の生活を守るためと言っても、やはり血を売る行為はご法度もの。
「血を売るのはご先祖様を売ることだ。」と妻は夫に言う。

 

果たしてこういう状況は、どのくらいの期間中国にあったのでしょうか?
またどのくらいの人々が「血を売る」ということを行っていたのでしょうか?
余華さんの別の小説もあるようですので、そのあたり、機会があたらまた読んでみたいと思います。

 

貧しい、飢餓、家族問題、社会問題、すべて陰鬱な雰囲気のものばかりではありますが、この小説は不思議と活力が漲っている。

 

血がどんどん湧いてつくられるように中国人の強さの源からも、何か特別な力が次々と湧き出している感じがする小説でした。

 

バラカ:桐野夏生

バラカ:桐野夏生著のレビューです。

バラカ

バラカ

 

 

 

 

◆どこか異国の雰囲気を纏うというこれまでとひと味違った震災風景

 

 

ふぅー、長く重々しい小説であった。
具だくさんな内容であったが、なんだろう、ラストはあっけない。エピローグの畳み込むようなまとめにどっと疲れが・・・。長丁場の終わり、もうちょっと丁寧にしてほしかったと思うのは望みすぎなのかな。

 

それはさておき、かなりのボリュームです。
震災を中心に赤ちゃんが売られているというドバイの市場、酒、暴力、家族、原発ジェンダー等々、あらゆる問題を盛り込みながら話が膨らんでゆく。にもかかわらず、話が散らかることなく読み易かったのは、全ての話の軸に「バラカ」という一人の女の子の存在があったからだろう。

 

バラカは日系ブラジル人夫婦の元に生まれたが、両親の事情によりドバイの市場で売られてしまった。そこへ買いに来たのが、子供を欲しがっていた日本人の独身女性。バラカはその女性の子供になる。母親となった女性はやがて一人の男と結婚し妊娠。なかなか懐かないバラカのことを次第に鬱陶しく思うようになる。やがて母親は夫の転勤先で震災に遭い帰らぬ人となる。

 

バラカは当時母親の友人に預けられていたので、震災で命を落とすことはなかったのだが、意外な場所でお爺さんたちに発見されることになる。そこからバラカは逃走するような人生が始まるわけだが・・・・。

 

親の愛情を知らずに育つバラカ。人を信用するということがとても難しい環境。
殺伐とした環境の中、ポツリポツリと人の温かみを感じる場面に出会う。そんな日の当たる場所をバラカも我々読者も終始追い求める。

 

震災を描いた小説は数多く出版されてきたが、桐野さんの描く震災小説は日系人などを登場させたことにより、どこか異国の雰囲気を纏っているというひと味違った震災風景に見えた。

 

原発事故にともない荒れてしまった地域などの風景は現実的なものだけれども、そこで起きている出来事がどこか非現実的な感じがある。現実と非現実が混じり合うドロドロとした感覚が、妙に重たく救いようのない場所として映る。

 

そして桐野作品特有の追われている感、駆け抜けていく感がどこか懐かしくもあり不安をあおられるものでもあった。

 

ちょうど震災7年目を迎える日にこの本を読んでいた。決して忘れてはならない被災地の現状よりオリンピックに目が行ってしまった日本など、心当たりのある言葉が数多く登場した。ずっと予約で埋まっていた本書がここにきて手元に届いたのもなにかの思召しかしら?と感じてしまった。

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

 

限界集落・オブ・ザ・デッド:ロッキン神経痛

限界集落・オブ・ザ・デッド:ロッキン神経痛著のレビューです。

限界集落・オブ・ザ・デッド (カドカワBOOKS)

限界集落・オブ・ザ・デッド (カドカワBOOKS)

 

 

 

 

◆カッコいい爺さんってどんなだろう?

 

 

━━限界集落に迫る、亡者の群れ。迎え撃つ住民の平均年齢、70歳以上!
という説明書き。格好いい爺さんが出てくるらしいという噂。

 

老人が何かと戦う系は漏れずに読んでおかねばと言う妙な強迫観念にとらわれているわたくし。デンデラ後遺症ともいう。

 

舞台は限集落・木帰町。
この集落を襲うのは人間の血肉を求める亡者たち。
彼らは死ぬと「留人」といういわばゾンビのような存在になって生きている人々を襲いにやって来る。留人に噛まれた者は毒によって死に至り、やがて留人に転化するという。

 

そこで登場するのは、留人対戦のスペシャリスト・恐山。
留人を元の人間へと還す生業「送り人」。この恐山がカッコイイ爺さんなのです。
(挿絵があるのですが、爺さんとは言えないマッチョな爺さん)

 

とにかく本書の不気味さは無数の留人の群れがこの村にやって来るシーンだ。
迫りくる留人たちにあたふた逃げ迷い、パニックに陥る村人たち。
留人に立ち向かう爺さん。
刻一刻と迫りくる恐怖の迫力は結構なものがありました。

 

よくあるゾンビものなのだけど、なんやかんや読むのが止められないムズムズ、ザワザワした展開で、気づけば終わっていたといった感じでした。

 

欲を言えば爺さんと孫のシーンや、村の人々との人間ドラマ部分がもう少しボリュームアップすると話に深みが出たのではないかなーと思う。でも、結構なスピードを持って読んじゃったってことは、それだけ面白かったってことかな(笑)

 

 

 

イギリスアンティーク手帖:ささきひとみ

イギリスアンティーク手帖:ささきひとみ著のレビューです。

 

 

 

 

◆ページをめくるだけで幸せな一冊

 


月に1度は見たくなる眼福本。ちょっと眺めないと「何かが足りない」と思うようになってしまったほど、こういう本は必需品になりつつあります。

 

顔はニンマリ、読み終わると深いため息。ため息はきっとなかなか自分の手には入りそうもないものへの強い憧れ。そして何故か蚤の市や骨董市に今すぐ出かけたいという焦燥感。必ずこのサイクルを読後に味わうという流れ(笑)

 

暖かくなったので、また出かけていくわけだが、その前に出来るだけ良いものを目に焼き付けておこうという健気な自分も居たりします。

 

というわけで、写真を眺めながら結構色々なことを考えています。
本書はイギリスのアンティークの食器や雑貨、ぬいぐるみなど、カラー写真と可愛いイラストを交えながら解説。写真はかなり綺麗です。が、145頁からいきなり2色刷りになっているのは予算切れ?せっかくなのだからすべてカラーページにすればよいのに~~もったいない。

 

ほとんどのものはすでに各アンティーク本を読んでいれば自ずと知れるものばかりなのですが、今回楽しかったのは「紅茶占い」のできるティーカップ。コーヒー占いはトルコ等にもあってやってもらったことはあるけれども、紅茶はないなぁ・・・。底に残った茶葉で占うらしいのですが、そのカップがカワイイこと!フォーチュリングカップって言うらしいです。(あの歌が流れて来そうw)トランプの模様のものから、様々な意味ありの絵柄が散りばめられているパラゴンのカップは見ているだけで楽しいです。

 

テディベアのページは今まで楽しかったけれども、昨年読んだ「こうしてイギリスから熊がいなくなりました」ミック・ジャクソン著の作品を思い出し、ちょっと切なくなったりも.....(>_<)

 

綺麗な模様のモートスプーンやティーインフューザーが欲しいなぁ。などなど・・・欲しいものがまた見つかったところで、とりあえず気持ちも満たされ本を閉じました。
今年はどんな物との出合いがあるかな~~。

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com