うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

ホテルローヤル :桜木紫乃

ホテルローヤル桜木紫乃著のレビューです。

ホテルローヤル (集英社文庫)

ホテルローヤル (集英社文庫)

 

 

 

桜木柴乃さんの描く女性達には、根底に大きな力強さがある

 

 

桜木柴乃さんは「ラブレス」という小説で初めて知り、

その後、注目している作家さんの一人で、何冊か読んでは

いるのですが「ラブレス」を超える作品はまだないなぁ。

…などと、期待しながら新作は必ず読むようにしています。

 

桜木さんの小説は低空飛行で暗く哀しい内容が多く、

これを読んで気持ちが明るくなるとか、共感するとか

言ったものではないけど、読後になにかしらの影を

心に残していくようななんだろうな…渋みがあります。

 

本作、最初は短編小説かと思いましたが、「ホテルロ―ヤル」

という釧路郊外にあるラブホテルを中心に、少しずつ話が

繋がっています。

 

ラブホテルとなれば男と女の話になるわけで、恋愛やセックスの

話が中心かと思いきや、そんな場面もあるにはあるのですが、

それよりむしろ登場人物たちの抱えている家庭環境やそこから

見える複雑な事情などが、読者の気持ちを掻き立てます。

 

ホテルの廃墟という寒々しいシーンから話ははじまります。

投稿ヌード写真撮影をしようと訪れたカップルがホテル内部に侵入。

このホテルの過去への扉がここから開かれ、廃墟のシーンから

設立当時まで時間を遡って話が進行して行きます。

 

さて、何といっても短編に出て来る人物たちのユニークな設定が

興味を引きます。

 

2代目住職を務める20歳年上の夫と2人暮らしの幹子。
経営難の寺を守るため4人の檀家たちに体を提供して

「お布施」を支援として受け取るという話は、お寺の経営状況が

厳しいという世の中であるだけに妙にリアルに感じてしまいます。

 

他にも、舅との同居で夫と肌を合わせる時間がない専業主婦。
親に家出された女子高生と、妻の浮気に耐える高校教師。
働かない十歳年下の夫を持つホテルの清掃係の女性。

 

等々…置かれている状況自体が結構みな苦しいのです。

 

そして、このホテルの最終日の話や、オープン前の経営者の

家族の過去の話を通して、冒頭の廃墟シーンが思い出され、

「そうだったのか…」とジワジワ胸に迫って来るラストへと向かいます。

 

暗く閉塞感もあり、この人達の明日はどうなってしまうのだろう…

という重たい内容が多いのですが、桜木さんの作品に登場する

女性達は、「どうにか生きて行くでしょう」という不思議な力が

根底にある。これが、きっと桜木さんの描きたい女性達の持ち味
なのかと思うのです。

 

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

西洋骨董鑑定の教科書:ジュディス・ミラー

西洋骨董鑑定の教科書:ジュディス・ミラー著のレビューです。

 

西洋骨董鑑定の教科書

西洋骨董鑑定の教科書

  • 作者: ジュディス・ミラー,岡部昌幸,河合恵美,大浜千尋
  • 出版社/メーカー: パイインターナショナル
  • 発売日: 2018/04/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

◆見ているだけで目が肥えそうな気分に!

 

 

ここ数年こういった本を定期的に読んでは目の保養。
何冊読んでも美しいものが掲載されている本は飽きないし
また読みたくなる。すごい魔力があります。

 

TVでも鑑定番組が結構流行っているようでついつい見てしまうのですが、
ガラクタっぽいものが実はものすごいお宝だったなんて鑑定が下された
その瞬間のワクワク感がたまりません。

 

さて、本書はいわゆる西洋アンティークの品々がたくさん登場します。
家具、陶器、ガラス、金属製品、椅子、お人形、テディベア等々、
まぁ、自分の手に入れられるようなものは皆無に等しい高価な
モノたちではありますが、だからこそ見て楽しめる一冊でもあります。

 

カラー写真+解説で、歴史やどの部分に着目して品を見るか

等々が掲載されています。

 

家具などは脚先の形、背もたれ、装飾のモチーフなど、

パーツ別に写真がずらりと並んでいたりします。

 

個人的には陶磁器のマークがとても興味深く参考になりました。

図書館本だったのでじっくり読む時間がなく、ざっくり眺めた

といった感じでしたが、これは手元に置いて、たまにパラパラと

読みたい本だなぁーと。
いいお値段なのでそのうち古本屋さんで見つけて購入したいと思いました。

 

 

 

 

 

江戸の性愛術:渡辺信一郎

江戸の性愛術 渡辺信一郎著のレビューです。

江戸の媚薬術 (新潮選書)

江戸の媚薬術 (新潮選書)

 

 

↑↑ このシリーズになります。なぜか、「江戸の性愛術」はアマゾンから

  の表示が出ません(>_<) 18禁絡みでしょうか?

 

 

◆2度見、3度見は当たり前。涼しい顔して読むのに苦戦しました。
     漢字が見せる江戸の淫靡な世界に思わずゴクリと喉の音が…。

 

 

実は買うのは恥ずかしいので、図書館で予約して他の本に紛らわして
こっそり借りた小心者の私。
エッチビデオを借りる時の男性の気持ちを疑似体験したような…。

 

いやいや、凄かったです。
凄さの原因はやはり春画がねぇ…文章を読んでいる時には
「別にいやらしくないのよ、学者さんの書いた学術的な本だしね。」
なんていい訳を何度も心の中でつぶやきましたが、この春画のリアルな部分を
目にしてしまうとそんなささやかな努力も台無し。
いい訳はどうでもよくなり、目が釘づけ!!……でした。

 

後半はさすがに目が慣れ、アクロバティックなシーンに思わず
ニヤリとしてしまいました。

 

本を読みはじめて気づいたことは、圧倒的にカタカナが少ないこと。
それゆえ、漢字の持つ「表意文字の威力」が発揮されている感じが
びんびん伝わって来ました。

 

「風声」「騒水」「花心」などのように文学的?な綺麗な言葉に
感心したり、男性を助ける器具には「助け船」「安楽船」など
コピーライター顔負けな上手い表現と遊び心に拍手したり。
漢字で表現してるからこそ出てくる淫靡な世界に魅せられました。

 

この本は色々な楽しみ方が出来ます。
私のように学術的な読み方もできるし(嘘)、マニュアルとしても
利用できるし、医学系雑学として知っておくのにも良いです。

 

と、書評というか、まさに感想のみになってしまいましたが、
最後に「黄桜の河童」が出てくる音楽がこの本を読んでいるうちに
頭の中に流れていました。
どうも春画ってあんな感じの微妙なポップさがあるからかな~

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com