読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

なんらかの事情:岸本佐知子

なんらかの事情:岸本佐知子著のレビューです。

なんらかの事情 (ちくま文庫)

なんらかの事情 (ちくま文庫)

 

 

 

◆トイレで見かけるカルミック?
      こんなものをエッセイにするセンスにしびれます!

 

 

「ねにもつタイプ」は今年読んだエッセイの中で最も衝撃的な1冊であった。
私はたまたま今年この本を読んだわけですが、今回の新刊は6年ぶり

ということだから、ファンにしてみれば随分長い時間待たされたという

待望の1冊であるとも言えよう。


岸本さんのエッセイにハマってしまった今、6年もきっと

待てなかっただろうなー。

 

本書はイラストもエッセイの風味も「ねにもつタイプ」と同じような

雰囲気で存分に世界に浸れますが、「ねにもつタイプ」を読んだ人には、

前半、若干「強烈度」が薄れたかな?と感じてしまうかもしれません。

 

…が、やはり途中からどんどんエンジンがかかって来て

「やっぱり、この人の独特な世界は健在」と妙な安心感が出てきます。

 

例えば…

ひらがなの「め」と「ぬ」、「ろ」と「る」などが、自分のことを
日ごろどう思っているか?

 

なんて妄想が始まるわけです。

妄想は妄想なんですけど、岸本さんの言っていることは
次第にもっともな感じがしてきて、その着眼点に「うぅぅ」と

唸りそうなるのです。

 

今回私のツボだった話は「友の会」。
アスパラガスを食べたあと、尿に付着する臭いについて。
これに気付くまでの作者の道のりが書かれているのですが、

独特な「にほひ」らしいのです。

 

岸本さんの知人も気付く人はあまりいないとのことで、

そこを彼女はアレコレ考え検証したり、仲間を見つけたりと意欲的。

会員の募集中まで本書でしています。

 

私も気になり、ネットで調べたら、確かに臭うらしいのです。
けど、この独特のにおいは遺伝的に5人に1人の人しか嗅ぎわける
能力を持たないということですから、岸本さんは鼻もかなり利く方

ということが判りました。

機会があったら是非みなさんも気にしてみてください(笑)

 

…と、こんなことが気になり出し調べている自分は、この時点ですっかり
岸本さんの「罠」にハマっているともいえます。

 

また、彼女の不思議な話は「話すことのないものたち」が一斉に

話し出すような内容のものが比較的多く、それらは何故か本当に

あってもおかしくないよな…と感じさせられるものが多い。

 

岸本さんにとって、こういうことはきっと日常茶飯事だと思うのです。
でも実際、こんなことをいちいち気にして考えてたら相当

疲れるだろうなぁ…。

 

誰もがいつも目にしているものも、岸本さんにかかると世界が一転する。
この部分が面白くて、きっとヤミツキになってしまうのだろうと思います。

 

前作品の読書後は言葉にならないインパクトに圧されたが、

今回は慣れたのか?
読んでいても「なんだろう感」はそれほどなく純粋に話を愉しめました。

 

けど、「読み終わる=祭りのあと」のような気分にさせられちゃうのね。
あーあ、もう少し読んでいたいのにとブツブツ言いながら、面白ネタの

言葉の数々を拾いながら、取り残された自分がポツリと部屋の中に居る。

 

読書時間はあっという間。

もったいないからチビチビ読んでも終わってしまう。
「次回までまた6年とか?それは絶対止めて!」と、

声を大にして言いたい。

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

 

お母さん、その服なんとかしよ! ――毒舌ムスメのファッションチェック

 お母さん、その服なんとかしよ! ――毒舌ムスメのファッションチェックの

レビューです。

お母さん、その服なんとかしよ! ――毒舌ムスメのファッションチェック

お母さん、その服なんとかしよ! ――毒舌ムスメのファッションチェック

 

 

 

◆ちょっとその服、大丈夫?

 

 

若者の服はもう無理だわ、だけれども、中高年ファッションには抵抗がある。
という時期があったことを思い出す。中途半端な時期のファッションがあって、
そこからゆるやかに冒険もせず、無難に落ち着いた感がある今日この頃。

 

「ファッションで参考にしているものは?」なんて質問がありますが、
ファッション誌もほとんど読まないので、参考にしていることと言えば
周りにいる5歳くらいまでの年上、年下の方々のファッションかなーと。

 

そんな自分のファッションを若者の目にはどう映り、
どうジャッジされるのであろうか?
怖いです、考えただけでも(笑)

 

そんなことをたまに考えるのですが、「その服、ダメダメですよ」と
他人の私に言ってくる勇気のある若人はそうそういません。

 

では本当のところ私たち世代のファッションを若者たちは

どう見ているか?なんてことを知るのにもってこいなのがこの本。

 

タイトルを見て、
「おぉ!これはまさに若者の本音がビシバシ飛んできそう!」
と身構えながら借りてみました。特に肉親である娘が母親に

向ける目はきっと厳しいであろう。

 

・・・と思っていたらやっぱり(笑)

 

「オバサンっぽい」
「変なの~~なに?これ?秋通り越して、枯れちゃってるよ」
「ダダダッーーーサ~イ!!」
「オバサンって襟立てるの好きだよね。バブル臭い(笑)」

 

うん、まぁ本音だよね。

 

本書は母親である「あっこたん」がチョイスした服を
ムスメがダメ出ししてくるという吹き出しを用いた会話形式。
そして、あっこたんが反省のコメントを入れる。

 

ムスメに言われ放題なあっこたん、どれだけオバサンっぽい

服を・・・と想像される方もいると思うのですが、彼女の

ファッションセンス、実はそんな悪くないと思うのですが。

それもこれも私が同世代だからかなぁ・・・。
清潔感のあるシンプルなアイテムを用いて小綺麗に

されているなぁといった印象なのです。

 

しかし手厳しいムスメは容赦なく牙を剥き、

テキパキとアドバイス

 

確かにビフォアーアフターの様子を見比べてみると、
ほんの些細な部分を変えただけでやはり良くなっている。

 

例えばこんな風にアドバイス

 

ムスメ「オバサンって足首キレイじゃん。チャームポイントだから、
    出したほうがいいよ。」

 

首、手首、足首はオバサンの三大チャームポイントらしいのです。
トールなんか巻かないで、どんどん出していくべし!
スカーフとかもダメですって!

 

ふん、ムスメさん、分かってないんだよねぇ。
中年になるとそこを温めないと、体が冷えて不調になるんだってことを。
ファッションよりも冷え防止の方が勝るんですって!まぁ、今に解るよ。
(と、心のなかで小さく反撃!)
しかし、オバサンの足首がキレイっていうのは初耳だ!

 

さてさて、あっこたん、散々な言われようでしたが、
最近では「お母さんカッコイイ」と言われるようになったとか。
まぁ、なんと羨ましいことか。日々磨かれ、それが自信に

なっていったとか。
自信はいろんな意味で人を変えてゆくものですねぇ。

 

この本のファッションはあくまでもムスメさんの個人的な

視点での評価なので、参考になるかどうかはまた別の話ですが、

若いお嬢さんはこういう部分に注目して見ているのだなぁ・・

ということが判っただけでも読んで良かったかな。

 

「お父さん、その服なんとかしよ」って続編もあると面白いのに。
とは言え、往々にしてお父さんファッションって・・・
一筋縄でいかなそうだけどね(笑)


★個人的にはおばあちゃんファッションの方が自由で楽しいと思えた。
 早くこっちの領域に達したいなぁ(笑)

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

 

ぼくの小鳥ちゃん:江國香織

ぼくの小鳥ちゃん:江國香織著のレビューです。

ぼくの小鳥ちゃん

ぼくの小鳥ちゃん

 

 

◆小鳥ちゃんというより小鳥さま!?

 

 

ある朝突然やってきた小鳥ちゃんとぼくとの生活…ということで、
ずっと気になっていた本。

 

というのも、ワタクシゴトですが、
うちではカナリアオカメインコを飼っていた時期があり、

その鳴き声と飛び散った餌目的に、当時住んでいたマンションの

ベランダには随分色々な鳥が遊びに来ていました。

そして、ある日セキセイインコまでも!
彼はそのままうちの子になったのです。

…なんて経歴もあり突然やって来る鳥に興味津々です。


昔は結構、こんな脱走系の小鳥が多かったけど、

最近はそんな脱走鳥もめっきり見なくなったなぁ…。

 

ぼくの小鳥ちゃん…。
んーなんかすっごい甘いムード!きっと蜜月生活のような生活が
描かれているんだろうなぁーと思い、ページをめくってみると…。

 

「水道水で結構よ」
「あたしはそのへんのひよわな小鳥とちがうんだから」

 

まぁー、なんて高飛車な!そう、この小鳥ちゃんは、人間と対等に…
対等というより少し上から目線で会話するツワモノ。

 

部屋にはぼくと彼女の写真があるのだけど、

やきもちやきの小鳥ちゃんはその写真立てを倒す。

デートにだってお邪魔する。

 

鳥には表情がないけど、この小鳥ちゃんを見ていると、すましたり、
拗ねたりしている様子が手に取るように分かり、知らず知らず

彼女の虜になり頬が緩んでしまう。

 

家で飼っていたオカメもメスだったのですが、父のことが大好きで、
私と父が仲良く話していると、かごの中で騒いで自分アピールしてたし、
放鳥している時は何気に「ちょっと失礼」と間を割って、父に

すり寄るようなことがあった。鳥とは言え女なんです。

 

小鳥ちゃんの不器用な感情表現が微笑ましい。
私の中では「ツンデレの小鳥」に見える。


すごくぼくのことが好きなのに、こんなにもツンケンしてしまう…

けど、ぼくの元を離れない。ぼくの優しさにずっと包まれていたいのだと
思っているんだよね。

 

きっとこのあとも、ずっと2人と1羽の生活は静かに続くんだと思う。
彼女も優しいいい人だし、大きなトラブルになるとはとても思えない。

「微妙な三角関係」の話と取るかどうか…。

 

私はあまり複雑なものを感じなかった。
ただ、不器用な小鳥ちゃんを通して、こんな女性もいるなぁ…と

思ったことと、好きな人と過ごしたい気持ちと居心地の良い場所探しは、

人も動物も一緒なんだということは感じました。

それ以上のことを想像することはなかったなぁ。

 

小鳥ちゃんの寝息はウェハースみたいにかるい

 

そうそう、小鳥のちっちゃいちっちゃい寝息…久々に聞きたくなった。
めちゃくちゃ恋しくなったわ、「わたしの小鳥ちゃんたち」が……。

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com