うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

古事記 :角川書店

古事記角川書店のレビューです。

古事記 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

古事記 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

 

 

古事記への道のりはまだまだ遠い…

 

 

やっぱり、読みながら途中で寝た。

 

桐野夏生の「女神記」を読んで、これは「古事記」も
一度、きちんと読まないとなぁーと思い、出来るだけ

噛み砕いたものから入ってみようと、選んだのがこの1冊。

 

何と言っても「ビギナーズ」とつくシリーズだからね。
これで脱落したら、救いようがないぞ!と自分に言い聞かせて

読み始めました。

 

現代語訳と原文で構成され、写真、絵、地図などをふんだんに取り入れ
興味が持てるように、様々な解説がされています。

 

この1冊で上・中・下巻のハイライトを抜粋してくれているので、
大きな流れと、古事記の面白さは十分理解できます。
特に上巻のイザナキとイザナミの聖なる結婚の話は

神秘的かつエロチックで何度読んでも面白い。


また、古代出雲大社の復元図には本当に驚かされる。

ひとつひとつの話は本当に面白いんですよ。

けど、やはり登場人物が多すぎるーーーー!
神名、天皇名、地名…。
しかもカタカナ名ばかりなので、もう混乱混乱。

 

やっとこの人物のことが分かって来たぞ!というところで、
次の話に入っていて、また別の名のカタカナがやってくる。

 

そして、気付いたら寝ているワタシ…。
まるで学生時代と同じ図じゃないの。

 

ダメダメの読書でしたが、今回の狙いは「全体を掴む」

ということで自分なりには満足。

 

1冊で理解できる内容ではないことも教えてくれたこの本。
もういいや…と思わせないところがこの本の凄いところ。

 

しかも、「もっとくわしく勉強したい方に」と、

たくさんの本とサイトの紹介までしてくれている。

 

時期をみて、「古事記」はあと数冊読んでみたいと思う。
漫画って手もあるかな…。

 

ふしぎ駄菓子屋銭天堂3:廣嶋玲子

ふしぎ駄菓子屋銭天堂3:廣嶋玲子著のレビューです。

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂3

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂3

 

 

◆新キャラ登場!?

 

 

あれよあれよという間に、このシリーズも3冊目。

不思議な駄菓子も、紅子さんの変わった風貌にも慣れて来たわけですが、
やはりなんといっても新しい話が登場するごとに、
わくわくする感じはずっと変わることなく楽しいです。

 

今回はプロローグから、いつもと違う雰囲気。
というのも、今回は、紅子にライバル心を燃やす
「たたりめ堂」のよどみが登場するのです。

 

見かけは7歳くらいの少女だけど、これがまた手ごわい
相手になりそうです。

 

そしてそして・・・今回もおもしろいお菓子の名前が続々と。

獏ばくもなか
留守電でんシール
絵馬せんべい
しわとり梅干し
兄弟だんご
ミイラムネ

 

女性ならきっと飛びつきたくなる「しわとり梅干し」。
しわが取れるならねぇ・・・そりゃ食べたくなりますよ。

 

ミイラムネも、飲めば痩せられる!?
手早く痩せられるけど、飲みすぎると・・・・。

 

どれも面白いくらい効果が出るのだけど、行き過ぎると
コワイことが待っている。
いつもながらのパターンですけど、今回も結構怖かったぞ!

 

ということで、次回、ライバルが暴れ出しそうな予感を抱えつつ
ますます楽しみになってきた「銭天堂」。


紅子さんの表紙に出合うと、小躍りしたくなる今日この頃です。

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

鬼火 フランス人ふたり組の日本妖怪紀行:アトリエ・セントー

鬼火 フランス人ふたり組の日本妖怪紀行:アトリエ・セントー著の

レビューです。

鬼火  フランス人ふたり組の日本妖怪紀行

鬼火 フランス人ふたり組の日本妖怪紀行

 

 

 

◆妖怪は国境なく不思議体験を人間にさせる生き物?なのかな

 

 

サブタイトル、「フランス人ふたり組の日本妖怪紀行」。
フランスからやってきたセシルとオリヴィエが新潟に滞在し、
あちこち周遊する。

イラストは終始陰鬱でレトロ、妖怪ムードムンムンです。
ゲゲゲの鬼太郎的な世界とでも言おうか。
怖いという感じはそれほどないのだが、曖昧な世界的怖さが
そこかしこに転がっている。

困惑させられたのは「妖怪を撮ることが出来る」と言うカメラの存在。
彼らは本当かどうかわからないけど、このカメラを手に入れ、
あちこちで撮影を試みる。

日本人からの情報を頼りに日本の精霊たち、狐やタヌキ、
その他の妖怪たちを追い求めることになるのだが・・・・。

一番不思議だった話は、彼らが呼ばれるように訪れた「恐山」。
ここは日本人でもなかなか足を踏み入れない場所なわけだが、
やはりとでも言おうか、そこで彼らは不思議な体験をする。

もはやあの世との境目に入り込んでしまったのでは?と思われる
エピソードから、もしかしたら相当危ない状況だったのではないかと
身震いする感じが.....なんともです。

各話の最後に関連写真が掲載されてる。
これってなんだろう。加工編集されたものだろうけど、なーんか怖くて幻想的!

さて、問題のカメラです。
これが最後の最後まで謎なんですよねぇ。一番妖怪っぽいというか。
このカメラが旅の締めくくりにまたまた謎めいた出来事を運んできます。

ふわふわ掴みどころのないコミックですが、
イラスト自体は日本人が書いたものに近く違和感なく入り込めました。

そうそう、このイラストで一番怖かったのは人々の醸し出す雰囲気。
表情とかの描き方が絶妙で「きっと何かある・・・」という気持ちに
させられます。

外国人が見た日本的種類の一冊だと思うのですが、

こういう斬り込み方もあるのかと、新鮮な驚きをもった1冊でもありました。

妖怪は国境関係なく不思議体験を人間にさせる生き物?なのかな。

恐怖への招待:楳図かずお

恐怖への招待:楳図かずお著のレビューです。

恐怖への招待 (河出文庫)

恐怖への招待 (河出文庫)

 

 

◆この装丁画に思わず手にし、そして楳図ワールドにあっと言う間に
 惹き込まれちゃいました

 

 

以前、取材本を読んでいて楳図さんは、外見は個性的だけど

案外普通なんだなぁーという印象が残った。

こういう怖い本ばかり書かれているのでどこか浮世離れした

方なのかなと勝手に思い込んでいましたが。

 

子供時代、私は楳図さんの大ファンで、少女コミックの合間に

必ず楳図さんの少々「毒っけ」のある漫画を欲し読むことを

習慣としていました。


自分のホラーや怖いもの好きの原点はひょっとして楳図さんから?
なんて思ったりもします。

 

少女マンがと違い、黒い部分が圧倒的に多い楳図さんの絵は、
いつも地下室や闇夜の世界に連れていかれる気分になったものです。

 

主人公たちには笑顔はあまりなく、いつも恐怖に怯えている

目をしている感じなど、子供の好奇心をしっかりキャッチする

要素がたくさんありました。

 

子供向けとは言え内容的には容赦なく、子供のくせに
「自分、本格的なホラー漫画を読んでいます」といった気分に
なっていた気がします。

 

もう、どの作品を読んだか、すっかり忘れてしまっていますが、

本書には「Rojin」という作品が収められています。

ひと作品だけだったけど、「わぁー懐かしい~この感じ」と

ゾワゾワした気分が蘇ってきます。

 

大人が読んでも全然イケる。
むしろ、今だからこそ見える恐ろしい部分があり内容的にとても深い。

 

本書は楳図さんの見ている「恐怖」についてがたっぷり語られている。
楳図さんの子供時代の話や作品のルーツなどを含め、作品ノートを

写真掲載し、どのように作品が出来上がって行ったのかの工程も

見ることが出来ます。

 

楳図さんご自身、子供漫画家ということで、さぞかし子供好き

なのかと思いきや、「あまりたいして好きでもない」など

隠さず正直に言ったりするところが面白い。


「精神的な面で露骨で、猿に近い」って……結構言いますねぇー(笑)
そんな、意外な楳図さんの一面もたくさん発見します。

 

若い頃から漫画を書き始め、現在76歳。
たまに楳図さんの事務所のある街で姿をお見かけする。
いつも朗らかな笑顔がとても印象的。

追々、また楳図さんの漫画に触れてみようと思う。
違う怖さがまた見えてきそうです。

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

現代語訳樋口一葉「大つごもり他」:樋口一葉

 現代語訳樋口一葉「大つごもり他」 :樋口一葉のレビューです。

現代語訳樋口一葉「大つごもり他」

現代語訳樋口一葉「大つごもり他」

 

 

 

◆一葉のオチは心地良い

 

 

18歳のお峰は、下町で八百屋を営む伯父夫婦に育てられました。
お峰は両親を幼い頃に亡くし、下町で八百屋を営む伯父夫婦に育てられ、
そして、現在は山村家の奉公人となって生活しています。

 

年の瀬が押し迫ったある日、お峰は久しぶりに伯父夫婦の家を訪ねますが、
伯父は病気で部屋の中は家具もなく、苦しい生活状況が伺われます。

高利貸しからの借金があることを告げられ、お峰はなんとか山村家から
お金を借りることを伯父と約束しますが…。

 

この山村家の奥様という人があいにくケチで有名。
やはり借りることも出来ず約束の期日が迫って来たある日、
お峰はついに、引き出しから1円札2枚を盗んでしまうのです。

 

ちょうどその頃、この家の放蕩息子の石之助が父親に金を無心する。

やがてばれるであろうお峰の盗んだお金は、この石之助の登場によって
話の方向が大きく変わります。

 

話自体は「奉公人がお金を盗む」といった、極々ありふれた
内容なのですが、この最後のオチはお見事!

 

こういう最後の場面を読者に印象付けるのが本当に上手な一葉。
またまたしばらくその余韻に浸ってしまいました。
一葉の話のもって行き方は、なんだか私の波長と合っているのか、
すごく満足感があります。

 

そして、本書に収められているもうひとつの作品「われから」。
現代語訳でも読みにくく(自分の読解力不足も)、2度読みしました。

 

こちらは、父の莫大な遺産をもらい、入り婿を迎える娘の話で、
その婿に捨てられるという展開ではあるのですが、この娘の両親の話と
重なり合わせながら進むので、1度目は途中で混乱してしまい、
時間を置いて再チャレンジ。

 

夫は飯田町にお波という女を囲っていて、妻は時々癪を起こすようになる。
書生の千葉を呼んで看病させることなどから妻は女中達に千葉との仲を
怪しまれ噂になる。そんな荒んだ夫婦の行方は…。

 

話は最後の夫の一言で、「あれまぁ」と言った感じであっけなく終わる。

いろんな意味で、20代でしかも結婚経験もない一葉がよくここまで
書けたものだと…。
やはりただ者ではない才能を感じずにはいられない何かがありました。

 

以上の2作品。短編ではあるけど、私的には非常に満足。
ますます一葉さんの世界に興味が持てました。

 

ただし、美しいといわれる文体を読むにはハードルが高く、
難易度は高い気がします。
現代語訳じゃないと、とてもとても…と言った感じです。

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com