降り積もる光の粒 角田光代 

部屋に居ながらにして別の空間を思い出す 夕方、パソコンで作業をしながらテレビのニュースをなにげなくつけていた。地元のニュースがひと段落すると、つぎは英語のニュースがほんのわずかな 時間流れる。 たった5分くらいなのに、キュルキュルキュルキュルと脳内のテープが巻き戻され、わたしはあの時のホテルの一室で、…