読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

よくできた女(ひと) バーバラ・ピム

本の紹介(海外文学 イギリス)

 よくできた女(ひと) バーバラ・ピム著のレビューです。

よくできた女(ひと) (文学シリーズ lettres)

よくできた女(ひと) (文学シリーズ lettres)

 

 

おひとりさま小説の外国版

 

30代独身女性の日常を描いただけなのに、なぜにこんなに面白かったのだろう。

主人公のミルドレッドは30すぎの独身女。
両親も亡くなり、パートしながら地味な生活を送る彼女では

あるけど、教会での活動を通して知り合った仲間や牧師姉弟、

また学生時代の友達との交流が盛んで、決して孤独な雰囲気はない。

そんな彼女の生活に同じフラットに海軍将校の夫、文化院類学者の妻という夫婦が引っ越してくる。この夫婦、どちらもちょっと曲者で、二人の痴話げんかや
別れ話にまんまと巻き込まれてしまうミルドレッド。

大きなお世話的な言葉を投げかけられたり、いいように

利用されたり、好きでもない男性に勘違いされたりと、

何かと不憫に思われるシーンもあるのだけど、この小説ならでは、

悲壮感はそこにはなく、そんな会話の数々がむしろ面白い。

 

シンデレラストーリーではないけれど

 

彼女の周りにいる伴侶持ちは、縫い物が苦手な女性であったり、
洗い物をしない女性であったり。
ミルドレッドのようにそこそこ家事をこなし、分別のある

「よくできた女」ではないという皮肉な感じ・・・こういう話って

よく聞くよなぁ・・・(笑)

大きな事件も、ミルドレッド自身が素敵な伴侶にめぐり会える

というようなシンデレラストーリー的な展開があるわけじゃないけど、だからこそ妙にリアリティがあり、親近感がもてる作品だ。

独身者のもつ心のゆれを常に抱え、戸惑いながらも
自由を謳歌しているミルドレッド。

今も騒がしい周りの人々に巻き込まれながらも、
忙しく飛び回っている姿が心に浮かびます。
がんばれ、ミルドレッド!