読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

夢のなかの魚屋の地図:井上荒野

本の紹介(エッセイ)

夢のなかの魚屋の地図 井上荒野氏のレビューです。

 

夢のなかの魚屋の地図

夢のなかの魚屋の地図

 

 

 荒野さんの日常エッセイからは発見がいっぱい!

 

井上荒野さんの小説は気づけば結構読んでいるなぁといった

具合ですが、お父様が小説家だったということぐらいで

ほとんど知らなかった。

今回エッセイということで、荒野さんの日常を覗いてみる

ことにした。
ツイッターでちょこちょこと猫ちゃんたちとの生活を拝見

していたのですが、それらの写真を思い出しながら

こちらを読んだので、すんなり話の中に自分が溶け込めたように

思える。

例えば以前、お母さまが大きな魚をさばいている写真を

見たことがあるのですが、お母様がいかに魚好きなのか・・

ということが本書を読んだことにより解り、写真と文面が

繋がった嬉しさがあった。

この本のタイトルが、そのお母様の話なのですが、
とても印象的な楽しいお話だった。

そのほか、旦那さんが古本屋さんだとか、荒野さんの名前と妹さんの
名前のことなど、初めて知ることだらけだった。

また、同じ小説家だったお父様の話や、ツイッターでよく登場する
猫ちゃんたちのお話など、家族に対する愛情もたくさん感じられる

エッセイ。

 

小説とのギャップが大きい穏やかな日々

 

小説は結構ドロドロしているというか、闇や影を感じる雰囲気の
ものが多いけど、荒野さんご自身の生活は、肩肘張らず、
猫と戯れ、美味しいものを食べて、穏やかに生活されているなぁと。

たいていは松太郎とつぶ子はベッドの上でくっついて寝ている。
私もその横に寝転がり、二匹のふわふわの毛並みに顔をくっつけたり、平和このうえない寝息に耳を澄ませたりする。君たちはいいねえ仕事がなくて、と呟く。
それだけのことだが、それができない日常というものは、考えられない。

本書エッセイはこの引用文最後の一行そのものがたくさん

詰まった1冊だと思う。
それは荒野さんの小説の世界とは正反対の穏やかな暮らしなのだ。

エッセイならではの発見が出来、やっぱり読んで良かったな。
そして、日々流れてくる荒野さんのツイッターも彼女の

何気ない一部だと思うと、今以上にツイッターの方も楽しめそうな予感です。