読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

うさぎの恩返し:アンドレプラトーノフ

本の紹介(絵本)

 うさぎの恩返し アンドレプラトーノフ著のレビューです。

 

うさぎの恩返し

うさぎの恩返し

 

 

鶴じゃなくて? 

 

ダゲスタンの民話の昔話だそうです。

ところ変われば、つるじゃなくて、うさぎも恩返し!(笑)
両親と3人で暮らしている少年。

お祭りの日に家でパーティーを開く計画をたてた一家。
誰を呼ぼうか予め決め、招待客に声をかけにいく少年。
しかし少年は、誰を招待するのかを忘れてしまい、
「村の人みんな」に声をかけてしまいます。

当日、お客さんが続々とやってきて、ごちそうが全然足りません。
両親に悲しみをもたらしてしまった少年は、いつしか森へ・・・。

 

動物の仲間たちも大活躍!

少年が出合った灰色のうさぎが、かれを助けてくれる
という話なのですが、うさぎがどう助けるのか?
その様子が楽しいです。

つぎつぎ、いろーんな動物が登場します。
ふぅ、、それにしても3日3晩、ごちそうを振る舞うってすごいなぁ。

挿絵が独特で、ちょっとした投げ槍感がまたいい雰囲気を出しています。