うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

乙女の花束:折原みと

 乙女の花束 折原みと著のレビューです。

乙女の花束

乙女の花束

 

 吉屋信子の「少女小説」の雰囲気

美味しいお菓子にアンティーク着物、料理にお花……
乙女が大好きな可愛いものを詰め込んだ、新乙女文学決定版!

可愛い装丁に惹かれ手に取り、裏を見ると、
自分の好きな単語がツラツラと並んでいるではないか!

さっそくページをめくると、「お嬢様学校」の華やかな
ムードに包まれ、なかなか古風で良い感じです。

鎌倉の全寮制高校、桜の宮女学院は、名家や華族の御令嬢たちが
集まる女子校。そこへ入学したのは長野の山奥で育った天真爛漫な
主人公・風子。明らかに周りの生徒たちと違う雰囲気を持つ彼女は、
ちょっと変わった子として見られるが、寮のルームメイトとは気も合い、楽しく過ごしていたのだが・・・。

少し読んですぐ感じたのは吉屋信子さんの描く「少女小説」の
世界に近いものが。

全体的の雰囲気もそうですが、少女たちの言葉使い、
女子校ならではの先輩と後輩の関係、主人公を苦しめる憎き存在の

登場、そして、「ジャジャーン」と音楽が鳴ってしまうような、

「運命的な出来事」。最後はきれいに収まってゆく気持ちの

良い流れ。清く正しく美しくの世界!

 

展開は想像がつくのだけど面白い!

 

本書もそんな要素がきっちり詰め込まれ、展開自体は予想が

つくものの、ついつい引き込まれてしまうものがあるのです。

風子が慕っていた「お姉さま」って実は・・・・・的な展開がたまりません!
また、少女たちの会話がさすがお嬢様たちだけあって、優雅というか豪華!
お菓子や着物の話は身を乗り出して参加したくなります。

春からはじまる話は、1か月ごとに区切られ、各章、花の名前が
章のタイトルになっているという、細かいところまで乙女度が

高いのです。

現代版「少女小説」かな。昭和のものより気軽に読める感じです。
風子の天真爛漫なまっすぐな姿がお気に入りだったので、
これで終わりかと思うとちょっと寂しいなぁ・・・と思っていたら、
なんと、「乙女の初恋」という続編が出ていた!ひゃほー!
そうか、そうか、そういえば、次を感じさせられる

終わり方だったな。

続編の帯推薦文には、漫画家の松苗あけみさんが
───── もう一度、“少女”に戻って『桜の宮女学院』に

入寮してみたい!」と、言っている。 

そう!まさに、「もう一度!」な気分な時にこれは朗報であった。
2年生になった風子ちゃんにまた会えるんだなぁ~♪

 

【続編はこちら】

 

乙女の初恋 (文芸)

乙女の初恋 (文芸)