うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

町家えほん:松井薫

 町家えほん:松井薫著のレビューです。

町家えほん (たのしいちしきえほん)

町家えほん (たのしいちしきえほん)

 

 興味津々、入ってみたいな!町家。

 

京都の景観維持の徹底ぶりにはいつも驚かされるが、
やはりそこまでやっているからこそ、いつ訪れても
変わらぬ歴史的な安心感のようなものを感じられるのだろう。

本書で名称を初めて知ったのだが「犬矢来」。
私はこの囲いを見ると、「あ~京都に居る」と実感する。

そしていつも中の様子がまるで分からない建物の構造が
気になってしかたないのだけど、表からはなにも見えない
というちょっとミステリアスな雰囲気。
ピシャリと閉じられた戸の向こうは、一体どんなことが?
シーンとした町からいろーんな妄想に
ふけりながら歩くのも京都ならではだなぁ・・と思う。

 

さまざまま角度から町家を拝見

 

さて、そんな建物の謎解きのような絵本。
絵本と言ったって、その内容の充実さから大人の豆知識本として
十分通用する。

可愛い福ねこさんとお豆さんが町家のことを隅から隅まで
きっちりレクチャーしてくれています。

上から見た間取り図を理解したうえで、
一部屋一部屋案内してもらえます。
色々な角度からの目線で描かれていて、けっこうな臨場感。
そしてほっこりした絵は細かいところまで凝っています。

・町家うつりかわり
・格子でわかるお商売
・町家らしいもの
・はしりにわの工夫
・変幻自在な町家の戸

等々…小ネタが満載で、町家マニアになれそうです!

さぁ、福ねこさん、お豆さんに可愛いおもてなしを
受けてみませんか?気持ちもふっくらしてきますよ。