うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

アルバムの家:女性建築技術者の会,女技会

 

アルバムの家

アルバムの家

 

 昭和の家の物語

 

─────33人の女性建築士が自分の育った家と暮らしを
        みずみずしい感性で綴った昭和の家物語 ─────

 

ということで、本書は建物の歴史を振り返るものでもあると同時に、
そこで暮らした家族の思い出がたっぷり語られている内容です。

そこには家族の数だけエピソードがあり、笑ったり、
しんみりさせられたりと、まるでミニ小説を読んでいる
気分にさせられるのです。

間取り図やイラスト70点、写真50枚。
家にまつわる話に間取りを照らし合わせながら読み進めるのが
何よりも楽しく、また、写真もあるので、よりリアルにその時代に
入り込めました。

田の字型の和室の建具を全部取り払って、紅玉という種類の
りんごを全部部屋に並べたという、長野県下伊那郡の民家の話は
「りんごの家」というタイトル。りんごのじゅうたんのような部屋を
「ぶ~ん、ぶ~ん」走り回ったという思い出が語られています。
農家の家と伸び伸びと生活している子供の様子。
そして、りんごの香りが漂って来そうなイキイキとした文章に、
住んだことがなくてもイメージが一気に膨らむ世界。

広い空間、風通しのよい部屋、そして五右衛門風呂にボットン便所。
そんなお家の話が結構多かったように思えます。

ボットン便所に落ちた話もお約束のようにありましたが、
驚いたのが、汲み取り屋さんがお父さんの糖尿病を
見つけてくれたとか、「お嬢様、健康に御成長、おめでとうございます。」
と言われたのはお姉さんが初潮を迎えた時だったという話。

汲み取り屋さんって、そこまで判るものだったんですねぇ。
これは昭和15年生まれの方のエピソードでしたが、
この方のトイレにまつわる話はどれも印象的でした。

・・・という感じで、建物の中での出来事から、昭和の人々の
生活ぶりがリアルに再現されていて楽しいです。
もちろん、画期的な家電がやって来た当時の様子など、
何回聞いても楽しい話もたくさん披露されています。

また、写真を見ていると自分が生まれた昭和40年代って、
目を疑うほど昔の街並みなんですよねぇ・・・。
えぇーこんなだった?と何度も細部まで確認しちゃいました。

それに、写真に写っている子たちは棒立ち(笑)
今みたいにピースしたり、ポーズをとる子供なんて皆無です。

 

最後に帰りたい家はどこですか?

 

最後に帰りたい家はどこ?って聞かれたら・・・・

帰りたい家とは建物だけではく、その時代や家族関係に帰りたいのです。
年老いた女の人にとって、一番良い時代とは娘時代なのだと
妙に納得させられます。

ある方が、義母が晩年病院で「うちに帰る」とよく言っていたことをもとに
こんな風に語ってらっしゃいました。

帰りたいと思える家 ─────自分が最後に思う家はどこだろう。
そんなしみじみしたことまで、考えさせられるような1冊でもありました。