読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

海色の壜: 田丸雅智

本の紹介(男性作家た行)

 海色の壜: 田丸雅智著のレビューです。

海色の壜

海色の壜

 

 好奇心を煽られるタイトル、そこから広がる展開に唸る

ロマンチックなタイトルですねぇ。
ショートショートは最近、ぜんぜん読んでいなかったけど、
たまにはいいものですね。

田丸さんのショートショートは初めて読むのですが、
発想のユニークさに驚かされました。
ありそうで、なさそうな、あったら面白いかも!?
といった話が多く、クラフト・エヴィング商會の世界に
少し似ている。

田丸さんは瀬戸内に面した愛媛県で育ったというだけあって、
全体的に海の気配を感じられる作品も多い。

1話目から「ふぐの恩返し」ですもの。
ふぐが恩返しする場面って一体どんな?
・・・こんなワクワクした話から20の話が続々と現れる。

ちょっと怖いのが「蜜」。
ミツバチが運んでくる蜜。あの蜜ってどこから運んでくるかご存じ?
って、この答えは「人間」。人間の「不幸」を集めてくるんですって。
だから、田舎より都会の方が取れるとか・・・。

─────想像しただけで、一気に口の中が苦くなってしまうような、
怖くて不思議な話。たった数ページなのに、ゾワゾワが高まってゆく。

他にも「光るほくろ」とか、
「月工場」といって、月を作っているうさぎの話とか、
「O型免許」とか、「修正駅」とか、「たまご顔」とか、
タイトルを見ただけで「なんだろう?」と好奇心を煽られ、
読み終わると、予想に反した展開に唸る。

 

懐かしさ、海、そんな香りがどこまでも・・・

 

ショートショートはパラッと読んで、合うか合わないか、
直観的に判ると思うのですが、これはそんなこと考える間もなく
読み終えちゃいました。

ラストの話、「海酒」。
海の風景を感じながら、思い出に浸り、海の余韻を
残す終わり方から、田丸さんが海で育ったという「あとがき」へ続く。

ショートショートだけど、こういうお洒落な演出もなされていて、
「ナイス!ナイス!」と思わず言いながら本を閉じた。
またショートショートが読みたくなったら、
たぶん、きっと、私はこの人を選ぶだろうな~と思う。