読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

本の妖精リブロン:末吉暁子

 本の妖精リブロン:末吉暁子著のレビューです。

本の妖精リブロン (あかね・新読み物シリーズ)

本の妖精リブロン (あかね・新読み物シリーズ)

 

 本の妖精を救出しよう!

 

借りた本の間から、虫がぺっちゃんこになって
出てきた時は、死ぬほど驚き、しばらく放心状態だったが、
これが妖精だったら、どんなに楽しかっただろうか。

本書は図書館にいる本の妖精に会える夢のようなお話。

転校生アミは転校先の学校の図書館に初めて足を踏み入れた。
その本の多さに大喜びをしていた時に、

「助けて!ここから出して!」・・かすかに聞こえてくる声。

本をひらいてみると10センチにも満たない本のページのような羽と、
しおりのひものようなしっぽをつけた小さな男の子がいました。

本の妖精は本の埃を払ったり、折れたページを伸ばしたり、
本を探している子どもが面白い本に出合えるように仕向けたり・・・。
結構健気に働いています。

なのに、ここの生徒たちに全然本を読んでもらえないということで、
リブロンは本の中に閉じ込められてしまったのです。

なんでもここの生徒たちは本を読むよりほかのことで忙しく
せっかくの本もなかなか読まれることがない。

彼を助け出すためには、次の満月まで20冊の本を読むこと。
そうしないとリブロンは・・・・・。

アミはリブロンを助け出すことを約束します。
約束を果たせたら、ご褒美ももらえるそう。

 

ハラハラする場面もあるが・・・

 

ここからの展開が面白いのですが。
あえてその部分は書かないでおきます。

妖精からのご褒美が、読書好きにはたまらないお話なのですよ。
アンデルセン童話が好きな方もお薦めです!

本の妖精って、エレガントで中性っぽいのかな~って
漠然と想像していたのですが、言葉使いからも、「男」なんですね。
そのあたりの意外性も面白かったです。

シーンとした図書館。
せっせと折れたページを直している妖精。
いるよね、きっと。