うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

猫本屋はじめました:大久保京

 猫本屋はじめました:大久保京著のレビューです。

猫本屋はじめました

猫本屋はじめました

 

「書肆 吾輩堂」ができるまで

 

─────猫が、本がもっと好きになる、
          隅から隅まで猫でいっぱいの1冊。 ─────

ということで、もふもふ感いっぱいの本かと安易に借りましたが・・・。
もふもふはするのですが、著者の大久保さんが
ネット書店を開業するまでのあれこれの記録本でもあり、
なかなかメリハリがきいている1冊であった。

大久保さんもまた本好き、猫好きのひとりで、
「猫本だけを集めた本屋があればいいのに」という気持ちから、
なんと2013年2月22日の猫の日に「書肆 吾輩堂」を
オープンさせたのだ。

ネット書店といえども、かなり綿密に計画を立てて実行されているなぁと思う部分と、古書組合の「市会」など飛び込んでゆく勇気や、
海外への仕入れの旅など、たった1年ちょっとで、ものすごい変化を
見せてゆく。妄想が現実化してゆく過程がダイレクトに

伝わって来る。

大久保さんの行動力がより早く軌道に乗せたのは
言うまでもないのだけれど、なにより周りの人たちの意見や助言を
素直に受け入れて、実行されているのが印象的だ。
古書組合という男ばかりの環境で、すんなり早い段階で溶け込めたの
もそんな大久保さんの素直な一面が大きな助けになったように

感じます。

 

もうひとつのお楽しみ、猫本の紹介

 

さてさて、この本、ビジネス的な面も非常に興味深かった

わけですが、さらに危険な本であることが徐々に判明して来る。

「吾輩堂が案内する猫本ワールド」といって、大久保さんが
たくさんの猫本を紹介してくれています。

んもうっ!結局メモ取っている自分がなんともなんですが・・・・。
とにかく「猫本」に目がない方は、心して読んでくださいませ。

で、さらに恐ろしいのは巻末のList。

・小説、随筆、詩<国内・海外>
・アート、写真集
・ネコロジー、ノンフィクション<国内・海外>
・絵本・児童書・挿絵が美しい本<国内・海外>
・その他

吾輩堂がお薦めする明治以降に出版された「猫本」の数々・・・・
は、もう恐怖でしか・・。
かなりの量ですが、それでも絞ったというから、

もうもふもふが止まらないです。

作家や美術家に猫好きが多い・・・というのは、
うすうす感じていたけど、それが確信に変わったのもこの本です。

ここまでくるともう猫の毛が喉にからんでイガラッぽいという
幻覚症状に似たものまで感じてしまう。

さぁ、どこまで「猫本」が追えるか!
猫好きの方たちが試される本でもあります。

(ちなみにList部分、私は読み飛ばしました!

収拾がつかなくなるという判断により・・・)