読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

なみだの穴: まはら三桃

本の紹介(児童文学)

 なみだの穴: まはら三桃著のレビューです。

なみだの穴 (Green Books)

なみだの穴 (Green Books)

 

 

ふと出現する「なみだの穴」って?

 

「涙活」っていうものが巷では流行っているらしい。
意図的に涙を流しストレス発散をさせるという狙いで、
泣きたくてもなかなか泣けない人々のために、
あえてそういう場所を提供しているんですってね。

泣けない人のための涙はどこへゆくのだろう?

「なみだの穴」は泣きたくても泣けない人々の前に
ふと出現する。

ふだんは海にあるというこの穴は、
泣きたいのを我慢している人に、涙を流させるために
流れくるのだ。

親の転勤で友だちと離れ離れになってしまった。
何かを犠牲にしたり、我慢して頑張ったけど、
結果が出ない悔しい思いをした。
身内が亡くなっても、泣けなかった、泣くのを堪えた。

大人も子供も、涙をため込んでしまうことって
日常場面で結構あるんですよね。

そんな涙をどこかで一回流さないと・・・
という発想をもとに、きっとこのお話が生まれたのでしょう。

船のシーンから入るはじまる話は、最初から
ちょっと謎めいていて楽しかった。
「なみだの穴」について教えてくれたストロングさんのことも気になるし。

さて、なみだの穴が見えたら、どうなるの?
あれよあれよと、元気になった人々の姿が心地よいです。
まさに、浄化!!