うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

エスターハージー王子の冒険:イレーネディーシェ

 エスターハージー王子の冒険のレビューです。

エスターハージー王子の冒険 (児童図書館・文学の部屋)

エスターハージー王子の冒険 (児童図書館・文学の部屋)

  • 作者: イレーネディーシェ,ハンス・マグヌスエンツェンスベルガー,ミヒャエルゾーヴァ,Irene Dische,Michael Sowa,Hans Magnus Enzensberger,那須田淳,木本栄
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 1999/10
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 59回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る
 

 

ちっちゃーいウサギの貴族がドイツへ旅立つよ!

 

繁栄を誇るエスターハージー伯爵家は
オーストリアでは有名なウサギの貴族。

え?!ウサギの貴族!!
この一族、実は一族繁栄の危機を迎えています。
なにせみんな体格が小さくなってきているのです。

小さい、本当に小さい!
なぜこんなになるまで気づかなかった?(笑)

もう挿絵のウサギたちに釘付けになった私。
なんでこうなったのかというと、一族のウサギたちの多くは
繁栄をいいことに都会暮らしに慣れ、
かなりぜいたくになったとのこと。

驚いたことに、野菜のかわりに、チョコやケーキや
キャンディばかり食べたからだそうだ。 

へぇ~、太らないんだ。小さくなるんだ。
・・・と、ちょっと突っ込みを入れたくなってしまうんですが、
伯爵は考えに考え、男の孫たちを海外に出し、よその土地の
大きなお嫁さんをみつけさせようと計画を立てます。

 

挿絵の可愛さと言ったら、小動物好きになはたまらない!

 

ここからハージー王子の旅が始まります。
旅は厳しいものになるのですが、挿絵のハージー王子の
可愛さといったらない。

汽車にちょこんとひとり座っている姿も、
豹柄のパンツをはいている姿もほんとうに可愛いのですわ。

王子の旅先はドイツのベルリン。
あの壁の付近、じつは、野生の小動物たちのパラダイスだったそうだ。
見晴らしのよい草地。小動物にとってはまさに理想的な土地だった。

壁を壊す人間たちを見て動物たちはどう思ったのでしょうか?
ハージー王子の目を通して、そのあたりが非常に鮮明に
映し出されます。

さて、ハージーはお嫁さんを見つけることができたかな?
エスターハージー家の将来が明るいものでありますように!