うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

下鴨アンティーク アリスと紫式部:白川紺子

 

下鴨アンティーク アリスと紫式部:白川紺子著のレビューです。

下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)

下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)

 

 

京都が舞台の「お着物」ミステリー

 

京都、旧華族、古い洋館、着物、蔵・・・このあたりのキーワードが
自分の中で引っかかって来て、タイトル借りしました!

ん~なんというか、ライトな読み心地。
(そもそもオレンジ文庫はライト系みたいです)

読んでいる時は、結構楽しんでいたけれど、
案外、あっさりした感想しか出てこない!
(というか、並行して読んでいた小説が濃すぎたゆえに、
このあっさり感に物足りなさを感じたのは否めない)

両親を亡くした兄妹と、居候の彗。
3人は古い洋館に住み、そこには蔵がある。
「開けてはいけない」と言われている蔵なのだが、
祖母が亡くなったことだし・・・と、開けてしまう。

そこからはじまる「お着物」ミステリー。

怖いよねぇ・・・着物の絵柄が変わってしまったり、
着物から泣き声が聞こえたり・・・。

アンティーク着物は、可愛いし、柄とか絵に
物語性があるものもあり、見るのは好きだけど、
こういうのを読んでしまうと、人の想いが詰まっている
着物もあるから、ちょっと怖いなぁ。

でも、この話の主人公・鹿乃ちゃんのように、
お祖母さんのおさがりの着物を着て過ごすなんて本当に素敵。
そして、それらにまつわるお婆ちゃんの過去の話にも注目!

文学作品を収めた内容にもなっている。
源氏物語」を未読な人は、かなり興味をもつのではないかな。
なかなか解り易い内容で説明されていました。

ちょっとした時間にサクッと読むにはいいかも。
そして着物好き女子は必見の作品!?