読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

死のドレスを花婿に:ピエール・ルメートル

本の紹介(海外文学 フランス)

 死のドレスを花婿に:ピエール・ルメートル著のレビューです。

死のドレスを花婿に

死のドレスを花婿に

 

 

「その女アレックス」の原点なるものを読んでみた

 

「その女アレックス」を読む、読まないで迷っているうちに、
図書館予約も長蛇の列になってしまい、んじゃ、この作家の

別作品から雰囲気を感じ取ってみようと試みた。

なんとも後味が悪い読後感。
アレックスでも言われている、話をどんどんひっくり返して

ゆくという感じはこの話もそうなのだけれど、

そのひっくり返し方が、どうも自分の中でいまひとつ

ピンと来なかったのが正直な感想。

もちろん、こことあそこがこういう風に繋がってゆくのか・・・
という面白さはあるのだけれど、なんだろうなぁ、不快感の方が
先立って元来なら後半ほど読書ペースが上がって来るはずなのに、
逆に読むのが苦痛になってスローダウンしてしまった。

「ソフィー」「フランツ」「フランツとソフィー」「ソフィーとフランツ」

4つの章で構成されていて、各章、視点を変わるので、
目新しい発見をしながら展開を見守るという形だ。

キャリアウーマンだった彼女は結婚し、順風満帆の
生活を送っていた。
しかし、夫の死、母の死、そして自身の記憶障害によって、
彼女の人生はどんどん狂気に満ちて行く。

そして殺人。
彼女は人を殺したことすらも記憶がない・・・。
一体、どういうことなのか?

逃亡する。名前を変える。なりすます。再婚する。
彼女はどんどん衰弱し、いたたまれない姿になってゆく。
こんなことがいつまで続くのか・・・・。

 

割り切れない何かが残ってしまった

 

最終的には、全てのことが明らかにはなるものの、
なにか消化し切れないものが私の中に残った。

ソフィーの不幸や異常さ、変質者の気持ち悪さばかりが
クローズアップされて、その真相が判ったらおしまいという感じで、
亡くなった人々のことはそっちのけ?

イヤミスなんてそういうものだと割り切ればよいのかもしれないが、
なんとなく自分の中で引きずってしまった。

この腑に落ちない感じは、昔読んだ沼田まほかるさんの
「ユリゴコロ」のラストで感じたものに通ずるものがあった。

「その女アレックス」は、この作品より洗練された
仕上がりになっているのだろうか?
すぐに手に取りたいとは思えなかった。

しかし、多くの人々を魅了している作品だから、
まずは読んでみないとアレコレ語ることはできない。
いつか読み比べてみて、「やっぱり面白いよ!この作家!」と

言ってみたい。

 

 ※文庫化されたようです。勢いに乗ってこちらもベストセラーか?

死のドレスを花婿に (文春文庫)

死のドレスを花婿に (文春文庫)