うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

五年前の忘れ物:益田ミリ

 五年前の忘れ物:益田ミリ著のレビューです。

五年前の忘れ物

五年前の忘れ物

 

 

少しエロチックな、いつにない作品

 

いやーびっくりです。なんというか、いとことか、隣のお姉さんとか
そういう話なんて一緒にすることがない相手が、いきなり
「あんなことやこんなこと」を語って来たという感じで・・・・
ドキドキするものがありました。

しかし、ストーリー的には実際ありそうで面白い。
「五年前の忘れ物」は是非男性に読んでもらい
感想を聞きたいところ。

そもそもこの話は5年前に好きだった人に言われた一言に
傷ついた女性がその男性に復讐する話。
ささやかな女の復讐なんです。

「今晩、落とせそう!」と思わせて、そうはさせない女性の姿。
その会話はなかなかのもの。

スカッとする内容に、主人公の女性とハイタッチのひとつも
したくなるような爽快感があるのですが、男性は

どうなんだろうねぇ。
このくらいの復讐なら?と思えるかな・・・(笑)

 

後半は通常のホロッとする内容に胸がキュン

 

と、何作かは今までにないミリさんの世界を堪能させてもらいましたが、
後半は通常モードの作品も入っています。

「バタークッキーの紙袋」のお仕事系の話や、
ニリンソウ」での家族の話は、やはり胸がキュンキュンする。
ニリンソウ」は文章からマンガに切り替わるという、
ちょっと面白い仕掛けになっている。
その流れがすごく良い。

ということで、変化に富んだミリさんの世界が堪能できる1冊。
しかしなぁ、ミリさんの本に「セックス」って言葉が出てくると
やはりドキッとする。

大人の女性の日常を描く作家だから出てきて当然なんだけど、
そういう描写のない方だと気を抜いていただけに驚いた。
でも、次回はもう大丈夫(笑)