読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

つくも神:伊藤遊

 つくも神:伊藤遊著のレビューです。

つくも神 (ポプラの森)

つくも神 (ポプラの森)

 

 

魂の宿った物たちのお茶目な話

 

エレベーターの開く瞬間って、ちょっと緊張しませんか?

ある日、エレベーターに乗ろうとした「ほのか」は、
ちょっと怖い顔をした置物があることに気づく。

なんかこれだけでもう十分な気がしますが、この日を境に、
ほのかと兄は不思議な体験を繰り返します。

ほのか達の住むマンションのとなりに古い家があり、
おばあさんが住んでいます。そこの敷地内には「土蔵」があり、
ちょこちょこ登場する「もの」はどうもそこから現れているようだ。

不審に思ったほのかは、おばあさんと話す機会を作り、
その謎に迫ります。
やがて、それらは「つくも神」と言って、昔、おじいさんが

大切にしていたものたちで、それらには魂が宿っています。

さて、つくも神たちは、きままに散歩しているかのように、
ひょっこり現れるようになります。

ふろしき・キセル・根付・臼など、どのキャラクターも個性的です。
中には捨ててあった壊れた傘を修理して戻しておくなど、
お茶目な感じが気分をほっこりさせてくれます。

 

物に対する見方が変わるかも?

 

お兄ちゃんが不良化して、煙草を吸ったり、仲間に呼び出されたりと
思春期特有の尖った雰囲気も、この「つくも神」たちの登場で
ふんわりした仕上がりになっています。

面白かったけど、若干話が長かったかなぁ…とも思う。
でも、後半、同じマンションに住む嫌みな井上さんが事件を起こすのだが、ユーモラス満載といった感じで締めくくられ、

スカッと気分爽快♪

ものに魂が宿って、それが動き出したら怖いと思うけど、
こんなお茶目な神様なら、ちょっと近くに居て欲しいかも(笑)

壊れた傘を捨てようと思った時、「もう一度考えてみて」。
そんなひと言が聞こえて来るようになる。この小説を読むとね。