うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

ムーミンやしきはひみつのにおい:トーベ・ヤンソン

 ムーミンやしきはひみつのにおい:トーベ・ヤンソン著のレビューです。

ムーミンやしきはひみつのにおい (講談社の翻訳絵本)

ムーミンやしきはひみつのにおい (講談社の翻訳絵本)

 

 

ムーミンの珍しい写真絵本!

 

ムーミンは本よりむしろアニメでお世話になったので、
記憶が断片的で、あまり詳しいほうではない。
なので、この本を読んで新たな発見が意外にも多かった。

まず驚いたのが、ムーミンの家って、
いろんな人が住んでいたのですね。
あちこちからいろんな人が登場してきてかなり驚きました。
ご先祖さままで、姿を現していました。

さて、この絵本は珍しい写真絵本。
トーベ・ヤンソンが友人であるトゥーリッキたちとともに、
やしきから、人形、家具、小道具にいたるまで、
すべて手作りしたという、その年月3年!

作っている時間はすばらしく楽しい時間だったと
トーベ・ヤンソン氏は語っている。
それが反映されているかのようにこのミニチュアハウスは
ダークな雰囲気のなかにも、わくわく感が漲っている。

やしきのなかを覗いてみると、実に味わい深い、温かみのある
画像が目に飛び込んで来る。

物語の内容も気になるところだが、やしきの内装の
凝っていることったら。
壁紙、柱、美術品、ジャムなどの壜ひとつにも、
相当細かく細工されている。(パパのスリッパ大きすぎ!)

部屋自体は小さいから、キャラクター総出で集まっている
シーンなんかは、その人口密度が濃すぎて、まるで満員電車の中の
ようだけれど、ついつい見とれてしまう。

 

写真でもあの独特な雰囲気は健在

 

物語はミイとムーミンが、やしき内に現れた黒いかげを捜索する話。
やがて、やしき内は大騒ぎになり・・・サロンにみんな集まります。
黒いかげの正体はなに!?

ひさしぶりにムーミンに触れてみたわけだが、
この独特な雰囲気から感じるものは昔と変わらない。

それにしても、知らないキャラクターが結構いた。
これは最初からきちっと読むべきか・・・・。