読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

暗黒少女:秋吉理香子

 暗黒少女:秋吉理香子著のレビューです。

暗黒女子

暗黒女子

 

 

お嬢様学校で事件です!

 

ドロンとしたタイトルについつい手が伸びてしまった。

お嬢さま学校、文学サークル、カリスマ的存在の
女性徒の突然の死。
自殺なのか?他殺なのか?

この女生徒の死をきっかけに、朗読会が開かれる。
テーマは「白石いつみの死について」。

集まった生徒は彼女を殺したと噂される6人。
彼女たちの朗読をもとに、だれが犯人なのか?
読者も一緒に耳を傾け推理してゆく感じなのだけど、
どれも犯人ではないか思わせる話の展開に困惑。

彼女が死んだ時に手にしていた「すずらんの花」の意味とは?
どの話にもこの「すずらん」が上手く登場していて
思わずうなってしまう。

 

乙女度の高いミステリー、雰囲気も楽しめる

 

個人的には内容そのものより、このサロンのような
文学サークルの雰囲気が乙女度が高く良かったかな。

ミステリーとしては、そこそこだったけど、
読みやすいので、それほど頭を使わなくても
スルスル行ける感じが良かった。
イヤミスって言葉すら浮かばなかったほど、
イヤミス感はなかったけれどね。