読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

ガミガミ女とスーダラ男 椰月美智子

本の紹介(エッセイ)

 ガミガミ女とスーダラ男 椰月美智子著のレビューです。

ガミガミ女とスーダラ男

ガミガミ女とスーダラ男

 

 

エッセイって作家との相性がはっきり出るわけで・・・

 

タイトルが面白くて借りてみました。
内容は・・・まさに、そのまんまなわけですが。

自分的にはちょっと失敗だったかなーと。
実は椰月美智子さんの小説を一冊も読んでいないという・・・。

 

通常は小説を読んで、興味を持った作家さんのエッセイがあれば
読んでみたいという流れなんですが、今回はちょっと
イレギュラー的な動きをしたばかりに、残念なことに。

 

それもこれも本書、面白いは面白いのだけれども、
なんというか、ある意味「のろけ本」なのかな。
(ご本人はそうではないと強く主張していたが)
いや、いいんですよ、幸せなご夫婦の話の本なら
今までたくさん読んだし、決して嫌いではない私。

 

ただ椰月さんとは相性が悪かったかな~。
原因はいやはり「言葉」かな・・・と思う。
相手に対して罵声を浴びせる感じが、
どうにもこうにも合わない。

 

まぁ、夫婦の会話、喧嘩なんてありのまま晒せば
そんなもんでしょ?と言われればそれまでなんですけどね。

 

旦那さんの長所なんかを最終的には語っていらしたけど、
それまでの様子が浮かんでしまって、頭に入って
来なかったんですよね。

 

面白おかしく、サービス精神で書かれたのかもしれないけれど、
やっぱり「言霊」ってあると思うんだな。
吐き出す言葉にはなにかしら宿っちゃうものが。

 

文字だけでもそんな部分が伝わって来ちゃって、
気持ちがどんどん荒んじゃったのです。

 

こういう旦那さんに対しての愚痴とも
惚気ともいえる話を他人に聞かせるって本当は
すごく難しいことなんですよね。
内輪同士の話ならOKなんだけどねぇ。

 

ということで、エッセイから読んでしまったのが
間違いだったかなぁ・・・。小説がどんなものなのか・・・
興味も湧かないまま終わってしまったのが残念だ。

 

内容(「BOOK」データベースより)
下ネタ好きでおちゃらけ者の夫にイライラを

爆発させる妻。
口で言うこと聞かなきゃ殴るまで!最大級に低レベルな争いを繰り広げる仁義なき戦いの日日、そして第二子懐妊。
捺印済みの離婚届を用意していながら今日もまた人生を共にする、夫婦という摩訶不思議な絆。百パーセント

真実の、ある夫婦の愛の記録。