うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

モダン:原田マハ

 モダン:原田マハ著のレビューです。

モダン

モダン

 

 

ニューヨーク近代美術館 MoMA 

 

世界的に有名なMoMAニューヨーク近代美術館を舞台にした
5つの短編集。

サラッと読めちゃうのですが、どれもじんわり来る読後感は

全作共通。
マハさんを読んでいる方なら、この読み心地はもう慣れっこだとは
思いますが(笑)

美術館に関わる人々。
国籍も年齢も様々だし、部署によって仕事内容も多岐にわたる。

作品を守るという意味では美術館職員全員そうであるわけだが、
今回は監視員という立場の男性に焦点を合わせた作品もあり、
興味深く拝見。

閉館時間間際にピカソの絵の前でたたずむひとりの青年。
監視員がその青年の正体を知った時・・・。
─────『ロックフェラー・ギャラリーの幽霊』  

工業デザイナーのジュリアと初代館長との思い出話もとても良い。
二人の出逢いから別れまで・・・短い話の中にも、
静かに時間が流れ、切なくも心温まる内容。
ちょっとした映画を見た気分にさせられる。
そして、スティーブ・ジョブズも登場!ワクワクするラストです。
わたしはこの作品が一番好きだな。
─────『私の好きなマシン』 

そのほか、東日本大震災、NYの同時多発テロの中で、
動いていた職員たちと関わりをもつ人々との交流。
どれもじんわりとした余韻を残す作品だ。

さて、ティム・ブラウンという名前が登場するのですが、
あのティムですよね!?
旧友に再会したような・・・またまた楽しい気分に!

読者にもHappy To See You.が訪れるなんて、
これまたニクイ演出だ!