読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

クマの名前は日曜日:アクセルハッケ

 クマの名前は日曜日:アクセルハッケ著のレビューです。

クマの名前は日曜日

クマの名前は日曜日

 

 

一転する世界がシュールで楽しい!

 

ねぇ、名前なんていうの?
なんでなんにもしゃべらないの?
なんで抱きついてこないの?
キスだって一度もしてこない。

ずっとすわっているだけ。
じゃなければ、寝ているか、立っているか。

せっかくいろいろ話しかけているのに、
うんともすんとも言いません。ヒドイ!

この関係は一体???

まぁそれも仕方がない。
だって少年はクマのぬいぐるみ相手にしているのだから。
最初は名前がないから答えないのかと思っていた。
だから名前をつけてあげた。
初めて会ったのが日曜日だから「日曜日」って。

名前をつけてもクマの態度はかわらない(そりゃそうだ)
だから少年はついに癇癪をおこし、壁めがけて日曜日を投げつけた。

さてその後の展開が楽しくもありとてもシュールだ。

少年はある日、クマの世界に入り込んでしまう夢をみる。
そこではぼくがぬいぐるみという立場になる。
少年がぬいぐるみになって見たクマの世界は!?

じわじわとこの世界に入り込んでゆく。
特に夢の入り口のシーンは、可笑しいくらいシュールだ。
また、クマたちの生活ぶりが、これまた人間みたいで面白い。

さて、少年は無事に過ごせるだろうか?
ラストに目にするトイレのシーンは、あれあれ?と、
笑ってしまう反面、ちょっと怖かった。
デジャブみたいだけれど、何かが違う!

なかなか凝ったお話だった。
すべてはもっと日曜日と仲良くなりたかったから。
なんでなんでは、もっと日曜日のことを知りたかったから。
こどもが持つクマに対するもどかしい感情、なんか分かるよ。
可愛いがりすぎると余計にね。投げたくもなっちゃうね(笑)

挿絵も素晴らしい。
クマの世界の絵はずっと眺めていられたなぁ。