読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

算法少女:遠藤寛子

本の紹介(女性作家あ行)

 算法少女遠藤寛子著のレビューです。

算法少女 (ちくま学芸文庫)

算法少女 (ちくま学芸文庫)

 

 

和算の書物「算法少女」にもとづいた小説とは?

 

うわぁ~~~算数の「算」の字を見るのも辛いほど
算数嫌いなんですけど、この表紙の少女が可愛くて
ついうっかり借りてしまったのです。

ライトな小説かと思いきや、江戸時代に出版された
和算の書物「算法少女」にもとづいた小説だとか。

ガシガシに計算問題とか出てくるかと身構えていたのですが、
どちらかと言うと、人間模様を描いた作品で、非常に読みやすい。

町娘あき。
彼女は13歳にして、大人顔負けの算法の知識を持つ少女。
父から教わり、何よりも算法の勉強が好きな彼女はある日
浅草にお参りに出かけた。
そこで「算額」という数学の問題と答えの書かれた
絵馬を見て、その誤りに気付き指摘する。

やがて、あきの評判を耳にした久留米藩主有馬頼僮は、
姫君の算法指南役にと声をかけるのだが、流派の
ぶつかり合いなど面倒なことが多い。

あきは近所の子供たちに教えているほうに生き甲斐を感じ、
そちらの方面へ邁進する。

 

この時代に算法を学びたかったなぁ~

 

円周率とか九九とか、いやぁ~いつからあったのかなんて
考えもしなかったけれど、流派のいざこざを乗り越えて、
コツコツとこういった教育を続けてきて、私たちの元へ
やって来たのだなぁ・・・と、嫌いな学問のわりには、
感慨深い思いに浸った。

この少女の話をもっと早く知っていれば、
算数もっとがんばったのに・・・
はい、七の段、もっとスラッスラッ言えるように
がんばりやす!←志し低い^^;

それにしても、江戸時代の人々ってすごくひたむきにかつ、
アクティブに生活を謳歌していますね。

この時代の作品を読むたびに、清々しい気分になれる。
タイムスリップして当時の威勢の良い人々に
一度会ってみたいものだわ~。