読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

共産主婦:イスクラ

 共産主婦:イスクラ著のレビューです。

 

カタログのように気軽に当時の雑貨が愉しめる

 

もっとお堅い感じの本かと思ったら、前ページカラー写真、
雑貨、小物満載のにぎやかな1冊でありました。

紹介国は東ドイツ・ソ連ポーランドハンガリー
チェコスロバキアルーマニアブルガリア

 

各国のお人形さん(主婦役)が、自分の国の
起きてから寝るまでの一日の様子を、
レポーターのように紹介してくれるという
キュートな内容。

例えば、ソビエトのナターシャさん。
洋品店勤務で、夫は被術者。娘は6歳。
趣味は散歩。

こんな風にまずは彼女のプロフィールがあり、
朝の風景からはじまる。

どんな家に住み、どんなバスに乗って、
仕事で使うペンはどんなものか?
等々、時間軸に沿って、その時々に使われていたアイテムが
登場する。全体的に、食器や文具、日用品が中心です。

また、各国の食事事情も取り上げられている。
この国のランチはどうかな~と、国が変わるごとに
いつしかランチタイムを楽しみにしている自分がいたりした。

過去の生活上で通り過ぎて行った製品というだけに、
興味深い品々ばかり。しかし、もう少しボリュームが欲しい。
・・・と思ってしまったのですが、執筆していく上で、
思ったほど製品が集まらなかったという。
御苦労を乗り越えて出版されていたんですね。

これが日本だったら、70年代、80年代あたりのものは
すぐ集まりそうな気もするのですが。

個人的には「旧共産国共通コラム」が面白かったです。
(もっとたくさんコラムが読みたかった!)
生理用品やコンドームなど、短いコラムですが、
内容は濃かったです。

ということで、カタログのように気軽に当時の雑貨を
愉しめる・・・といったテイストの本でした。