読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

片目の青:陣崎草子

 片目の青:陣崎草子著のレビューです。

片目の青

片目の青

 

 

「青」ってなんだか格好いい

 

動物に助けられる人間のニュースなどを、
たまに見かけてはウルウルしてしまうわけだが、
もし、動物と会話ができたら、どんな気持ちで
人間を助けたのか訊ねてみたい。

家族みたいな関係だから助けたのか?
それって本能からなのか?
実際のところどうなんでしょうねぇ。

本書は中学生の少年が、山に住んでいると言われる
野犬に助けられたという話。

真矢は飼い犬のフリ蔵と一緒に、近所の山へ散歩に行くが、
沢から落ちて大けがをしてしまう。このままだと危険な
状態だという時に現れたのが野犬達。

彼らが大声で吠えてくれたことによって、猟友会のメンバーたちが
気づき、現場に駆けつけたという流れで真矢は助かった。

真矢は、意識が薄い中「青」の姿を見る。
小さく、痩せて、薄汚れた犬。片方しかない目は狼のように鋭く、
誇り高さをにじませている。

その後、「青」の様子が気になる真矢。
保健所が野犬の捕獲を聞きつけ、友だちとなんとか阻止しようと
策を練るのだが・・・・。

この話は寡黙な(当然だけど)青の存在と、その青の気配を
いつも感じながら、大人になってゆく少年の姿が
なんとも新鮮に描かれている。

「なんで殺さなきゃならないのか?」

子供にとっての最大の疑問。
ペットを飼うことへの責任。
放置された野犬達の行方。

大人も子供もこれらの疑問を今一度振り返るのによい作品。
そして、動物と人間との関わりの素晴らしさも!

「青」の生い立ちや、後半起きた出来事の真相は
はっきりしなかったが、「青」は格好いい。

姿を現すシーンにゾクッと来るクールなものを
感じたのは私だけだろうか?