読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

らくご笑児科: 斉藤洋

本の紹介(児童文学)

 らくご笑児科: 斉藤洋著のレビューです。

らくごで笑児科

らくごで笑児科

 

ベタ、べッタ、べッタのダジャレ本!

 

もう、このごちゃごちゃした装丁を見た瞬間から
「なんかやらかす」という予感がムンムンとしてきたので
とりあえず読んでみることした。

笑児科・・・ってタイトルもちょっと引きつってしまう
感じですよね。
うっすらお気づきだとはおもいますが、病院の話でございます。

おじいちゃんのお見舞いにいった一郎くんは、お見舞いの受付と
診察の受付を間違えてしまい、病気でもないのに診察を受ける
ことになってしまう。

診てくれるのは若くてきれいな女医さん。
一郎くんは舞い上がってしまい、顔は赤くなり、脈拍もあがり・・・
「急性顔面赤色平熱頻脈症」という病名をつけられて、
検査入院することになる。

「急性顔面赤色平熱頻脈症」って!
しかもアルファベットで言うのがはやりだからって「KGSHH」って・・・。
うるさいっちゅーのw

ってなわけで、すでにハチャメチャな展開。

連絡を受けた一郎くんの両親は慌てふためき・・・
これがまたえらいこっちゃな人々で。

入院の受付で「お年はいくつですか」という問いに
「43歳です」
「いえ、お父さまのお年じゃなくて、ご本人の年ですが・・・」
というような古典的なギャグのやり取りシーンが続々と。

おとうさん、おかあさん、おじいちゃん、おばあちゃん、
みんなボケにボケまくって「もういいから」って
言いたくなるほど。

 

しかしやはり最後は・・・

 

そろそろお腹いっぱいだよ~って状態になったころ、
なんだか・・・・いきなり・・・・怖い展開に。

やはりこの作家さん、怖い話抜きでは終わらせませんでした。
果たして一郎くんは無事、退院できたのでしょうか?

さてさて、らくごだから、おちはあったのかって?
是非、最後の一文まできっちり読んでみてください。

ダジャレ臭がどこまでも追いかけてくるような文に
思わずしょっぱい顔に・・・。はぁ~脱力、脱力。