読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

異界からのサイン:松谷みよ子

 異界からのサイン:松谷みよ子著のレビューです。

異界からのサイン

異界からのサイン

 

 

今あるホラー作品のベースはきっとこれらの話から

 

まずは、これだけの体験談をよくぞ集めたものだ
とひたすら感心です。
この本に出てくる話はどこかでちょっと聞いたことが
あるような「怖い話」。
父や祖母が話していた話に類似したものも多く妙に懐かしい。

今あるホラー作品のベースはきっとこれらの話のなかの
どれかに辿りつくのではないかと思わせるような
いわば「怖い話の基本」が詰まっていました。

怖い怖いと言っても、決して人を怖がらせるような
内容ではないので、思わず涙を誘うようなものや、
説明のつかない不思議な出来事の連続で、私にもそんなことあったな・・・
という話もいくつかありました。

猫の話だけでも結構なバリエーション。
猫が湯治に行く話や、かつてモテモテだった牝猫の死に
つぎつぎとボーイフレンドの雄猫がお悔みに現れた話等々、
動物の話はなんともほっこりした気分にさせられる。

逆に怖かったのは「富士樹海の死体」という自衛隊の隊員さんの話。
樹海でコンパスが利かないというのは一部だけで、利くところもあるそうだ。
そして、そのコンパスは不思議なことに死体の方向に向いちゃうそうな・・・。
そこで富士の地元警察を呼ぶことになるのだけど、彼らはもう慣れっこなので、その処理がこれまたすごい。「わわわわーー」と、

眠気も吹っ飛びました。

タイトル的に怖かったのは「写ルンです」。
若い方はご存じないかな。使い捨てのカメラなんですけど、
いやぁ、これが。。。本当に写ルンです
なにがって?? 本書を是非お読みになってください。

 

とにかく物凄い量!怖い世界で溺れてみる?

 

他にも蝶の話とか、火の玉とか、話数がものすごい量。
なかにはリアルに地名が出ているものもあり、
がっつり怖さが感じられます。

松谷さんが、こういった人間世界に生まれるふつふつとした話を
たくさん書かれているということを最近知り、図書館へ行くたびに
松谷さんのコーナーをついつい覗いてしまいます。
私を待っている本がまだまだたくさんありそう!(わくわく)

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com