うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

あの女:真梨幸子

 あの女:真梨幸子著のレビューです。

あの女 (幻冬舎文庫)

あの女 (幻冬舎文庫)

 

 ★本が好き!の献本書評です。

 

心理的瑕疵物件、所沢遊郭阿部定、梅毒…

 

真梨さんの作品を読むのは2冊目になります。
「更年期少女」でイヤミスの世界にずっぽり嵌められたので、
今回もそれなりの覚悟で挑もうと、献本の封を開ける手が
心なしか力んでいました。

内容は同時期にデビューした女性作家二人を中心に描いたもの。

売れっ子の作家の珠美。
目下、過去に遊郭だった所沢について小説にしようと
気持ちを昂ぶらせている。

一方売れない作家で、別の仕事をしながら暮らしている桜子。
いつか私も・・・と珠美へのメラメラした嫉妬と執念の日々。

「劣等感はエネルギーの元」そんなシーンを経て、
やがて、珠美がマンションから転落し、植物状態
なってしまうという事態に・・・。
ここから話は一変する。そして負の感情が渦巻く世界の先には・・?

女たちの話だけれど、西岡健司という編集者が出てくる。
最初からどうも気に喰わなかったのですが、
話のキーマンでもあるので、要チェックです。

 

読み方次第なのか?

 

さて、今回献本をいただいてなんですが、このジャンル、
わたしの読み方が下手なのか?どうも最初の面白い!って
気持ちが徐々にすぼまってしまったのだ。

心理的瑕疵物件、所沢遊郭阿部定、梅毒…等々、
もう目が離せない話題満載なのに、どうしたことか、
さまざまな謎が解けてくる一番面白みが味わえる部分で
何故か冷めた気持ちになってしまった自分がイマイチ!

中盤まではものすごく楽しんだ。伏線の張り方も上手だなーと
わくわくしていた。しかし、あれだけこってり盛り込んでおいて、
結末が案外あっさりというか、パタパタ畳み込む感じが
ちょっと味気ない。特にこの作品はその落差が激しかったかな。

「やられた!」って本来思わなければならないところで、
白目だった自分はどんだけどす黒いものを望んでいたのか
疑問なんですが(笑)

ということで、イヤミスということへの警戒心、期待諸々、
読み始めにはしゃぎすぎる自分はもっと心的にペース配分
すべきなのかなーと、思った次第です。
懲りずにチャレンジ続行します!