読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

死者はまどろむ:小池真理子

死者はまどろむ:小池真理子著のレビューです。

死者はまどろむ (集英社文庫)

死者はまどろむ (集英社文庫)

 

 

共同墓地に向かう葬列を見たときからはじまる恐怖

 

「墓地を見下ろす家」が面白かったので、引き続き小池さんの
ホラーを読んでみた。新しい場所に移る家族とそこで起こる
恐怖体験というコンセプトは前作と同じ。

しかし、今回は都会から田舎へと舞台は変わる。

「夢見村」。
ここは自然溢れる東北の小さな美しい村。
この地は隠れキリシタンが開いたという場所でもある。

小説家の夫がスランプに陥ったことより、妻の亜希子はこの美しい村でひと夏を過ごそうと別荘を借り家族(夫、息子、義母、妹)を

連れてやって来る。

都会の生活とは違い、日に日に元気になる家族。
何もかもが怖いくらいに順調にすすむ。

しかし、この村にある教会、共同墓地を見たことにより、
何かこの村には隠されたことがあるのではないか?と
徐々に感じ取る家族。
そして、共同墓地に向かう葬列を見たときから何かが狂いはじめる。

前作ではマンションの地下から、本作品では教会の地下室から…
足元がゾワゾワする感じは一緒。
そして地下という深くて濃い闇の世界。
消えた人、亡くなった人…の行方は?

その後、この村から逃れるように家族は都会に
戻ってくるのですが、そこで話は全く終わっていない。

むしろそこからスタートしているとも言える怖さがある。

 

終わらないものの恐怖がひたひたと・・・

 

夫はこの出来事を書き留めておこうと、一心不乱で書き綴るが、
またそれが大きなきっかけになってしまうのです。

そしてこの一家が次に逃げた場所は…。

前作と同様、完全な終わりを迎えない感じがムズムズする。

 

解説で坂東眞砂子氏が、

「小池氏は日本的な皮膚感覚を持った作家である」と言っている。

そうそう、ゾンビとかポルターガイストや吸血鬼のような
怖さは私にとって、ちょっと別物なんですよね。

本当に怖いと感じるのはやはり日本人が描くこのような作品だ。
視覚的なものより心理的にくる恐怖。

小池さんのホラーからは、そんなものを存分に感じさせられます。

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com