うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

時計じかけの熱血ポンちゃん:山田詠美

 時計じかけの熱血ポンちゃん山田詠美著のレビューです。

時計じかけの熱血ポンちゃん

時計じかけの熱血ポンちゃん

 

 まさかのひとまず終了! トホホ…

 

わーん、すごくすごく楽しい気分で読み終えるはずだった。
のに、のに、のにーーー!
「熱ポン」ひとまず終了しますって・・・エイミーーー!

このポンちゃんシリーズ、はじめからずっと読んでいる私には、
「終了」なんて夢にも思っていなかったのでかなりショック。
しかも、サラリと言うエイミー。そんな酷なぁ・・・。

でも「ひとまず」という文字があるから、また再開もあり得るって
こととして気持ちを静めました。

とにかく、アクの強いエッセイです。ファンじゃないとなかなか
入って行きにくいかな?とも思うんだけれど、私的には
このエイミ―節に何十年もお付き合いしているので、
「もっと言えー、言っちゃえ―」的なノリで
読んでしまっています(笑)

読んでいるっていうより、DJエイミ―のラジオを
聴いている感じかな。

話題は多岐にわたり、ひとつのテーマから、
思い出してはどんどん別の話題へと切り替わって行く。

音楽、読書、人物、家族、衣食住、海外…等々、
めくるめく展開で読者を巻き込んで行く。

 

なんとしても再開を願う

 

私の青春時代から共にいた山田詠美の本。
だからエイミーが懐かしく昔を語る場面は、
同じく私も懐かしくなってワナワナする。

旦那さんとものんびり楽しく過ごされている様子も
伝わって来て、すっかり生活も安定されているよう。

今回は谷崎潤一郎ネタを楽しみにしていた。
ほんのちょっと登場。もっと聞きたい!!

ぬいぐるみの話は自分とかぶる部分があり、
目頭が熱くなる。破天荒な感じのエイミ―にも
こんな一面があるのかと・・・。

ということで、これで終わりだとは思いたくない!
再び「熱ポン」に出会える日を、激しく祈っています!

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com