うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

手のなかの虹:田辺聖子

 手のなかの虹:田辺聖子著のレビューです。

手のなかの虹―私の身辺愛玩

手のなかの虹―私の身辺愛玩

 

 

田辺さんの日常を愉しませているもの

 

この本はなんだろうなぁ・・・・
読み終わったという感覚が全然ない。

サブタイトル「私の身辺愛玩」ということで、
田辺さんが大切に大切にされているものたちを掲載した本で、
カラー写真とともに、その「物」たちとの出合いや思い出話が
まとめられている。

ということで、もちろん読み物なんですけど、
私、終始興奮しちゃったり、ボーっとしちゃったりで、
活字を追っている感覚が全くなかったという。
読み終わってからも、開いては閉じ、閉じては開いて
ニマニマしていた。

驚くべきことは、コレクションの数々のジャンルが
母と私が集めていたものとかなり重なっていた。
だから、「あれ~これ、どっかで見たぞ!」と、歓喜しっぱなし。

ビーズや刺繍のバッグから盃のような小さい陶器、
ヴィクトリアン・ステッカーに至るまで同じものではないけれど、
その集めているジャンルがもうなんというか(笑)
はぁ~お邪魔したいわ~田辺さんのお家。

 

「物語」をもつ物たち

 

さてさて作家さんは家のなかで仕事をする時間が長いだけに、
部屋のなかの環境がいかに仕事に影響するかが伺える。

少しのひまをみつけては糊と鋏、あるいはペンキで
塗りたてて箱をつくりあげ、身近においていつくしむ。
原稿を書かずに一日、箱づくり、シールの整理をしているときもある。
─────私、シール大好き少女なのです。

あはは、田辺さんのお茶目さには敵わない!
原稿も書かずに・・・って!

でもでも、私、この本を読んで、小説や物語を描くにあたって、
こういう好きなこと、好きな物に没頭する時間や環境が、
どれだけ作家の想像力を育て、そして実になっていくのか・・・
ということを、この本を通して見たような気がしています。

好きなものを愛でて、好きなものに囲まれて。

それにね、田辺さんの周りにあるものは、「物」ではあるけど、
ちゃんとひとつひとつストーリーがあった。
まさに物を語るという「物語」が。

本当はこの本、お正月に古本屋さんで見かけたのだ。
買わなかったことがとても悔やまれる!
なにがなんでも、また見つけて手元に置きたい宝本です。

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com