うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

東京近江寮食堂: 渡辺淳子

 東京近江寮食堂: 渡辺淳子著のレビューです。

東京近江寮食堂

東京近江寮食堂

 

 

ディスカバリー近江料理!

 

作者の渡辺さんは滋賀県出身の方。たまに出る滋賀の自虐ネタも、
出身者ならではのもの。ニヤニヤして読みました。

食堂というだけに、食べ物もたくさん登場。
ディスカバリー滋賀的な料理に遭遇できます!

舞台は東京・谷中。
定年を迎え、10年前に突然家を出て行った亭主を
探しに滋賀から上京した妙子。

しかし上京して早々、財布をなくしあたふたしているところに、
安江に出会う。

安江は東京に出てきた滋賀県民のための安宿「近江寮」を
経営しているのだが、彼女は料理が下手ということで、
妙子はしばらくこの寮に住み込んで、料理を手伝うことにする。
働きながら夫の行方を追う。

話は夫の行方を追うだけでなく、この寮に宿泊している
ちょっと訳ありな人々や、安江の家族の日常も描かれている。

個々に持つ悩みや問題は山積みだけれども、なんといっても
この話は食べ物が持つエネルギーを感じさせられるシーンが多い。

美味しいものをモリモリ食べる。
食べることによって、みんなが元気になってゆく様子が清々しい。

「赤こんにゃく」や「丁子麩の酢味噌和え」「日野菜」等々、
聞き慣れない食べ物の登場も、「どんな味なんだろう?」と、
想像しながら読むのも楽しいです。

妙子は料理を作ること、誰かに食べてもらうことの喜びを感じるなかで、モヤモヤしていた夫への気持ちも変化してゆく。
さぁ、10年ぶりに夫との再会はなるのか?

 

筆者の「滋賀愛」もジワジワ感じられる!?

 

分かりやすいストーリーで、登場人物たちのやり取りにリズムがあり、キャラ設定もリアルなので、谷中あたりを歩けば実際に

ありそうに思えてくる「近江寮」。

安いし、外国人観光客も口コミでやって来る。
建物の中から美味しい匂いが・・・。
そんな「近江寮」に出合えそうな気がします。

すごくアピールしているわけではないが、
この本から筆者の「滋賀愛」もじわじわと感じ取れます。

小学校の時に滋賀から転校してきたTちゃんをふと思い出す。
会話にスルッと「長浜」という言葉を挟みこみ、
私たちにまだ見ぬ滋賀の素晴らしさを教えてくれた一人。

Tちゃんも、この作家さんも、
さりげなく投入される「滋賀愛」はどこかこの小説に似ていた。
滋賀県は民間人の自主的広報活動が密かに盛んなのか?
いつの間にか私たちも「滋賀愛」に包まれてしまう(笑)

しかし、滋賀の郷土料理は正直まだピンとこない。
近江牛も食べたことあったかな~。
個人的にはサラダパンが食べたい!←郷土料理じゃない。

 

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com