読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

犬やねこが消えた:井上こみち

本の紹介(絵本)

 犬やねこが消えた:井上こみち著のレビューです。

犬やねこが消えた―戦争で命をうばわれた動物たちの物語 (戦争ノンフィクション)

犬やねこが消えた―戦争で命をうばわれた動物たちの物語 (戦争ノンフィクション)

 

 

戦時中の動物供出とは

 

ペットとこんなにも辛い別れが、かつてあったとは…
とても無念な気持ちでいっぱいになった1冊です。

戦時中の動物供出について書かれています。
犬は軍服の毛皮・軍犬、又は狂犬病防止の為…などからの理由で
供出しなければなりませんでした。

当時、自分の家で飼っていた犬や猫がどう戦争に関係があり、
何故、供出しなければならないのかという子供たちの訴えに、
親たちがどう答えればいいのか苦労している様子が伺えます。

何と言っても大人ですら、その理不尽さに戸惑っているのですから。
「お国のために」という言葉で片付けてしまうにはあまりにも
残酷な出来事です。
そんな中、動物を守り通した家族の話もありました。
とても勇気のいる行動です。

そして、手記の中には供出された犬猫を殺す役目の人の
話も出てきます。誰も好き好んでする仕事ではなく、
こちらの立場も考えると胸が痛くなります。

本書では作者が各地を周り、様々な人々の証言と証拠を
集めた大変貴重な1冊。
可愛がっていた動物との悲しい別れを今も引きずって
生きている方々のやるせない話は苦しくなるほど辛いですが、
大人も子供を忘れてはならぬ出来事だと思います。