うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

使いこなしてみたい和の言葉:本郷陽二

 

 使いこなしてみたい和の言葉:本郷陽二著のレビューです。

使いこなしてみたい和の言葉

使いこなしてみたい和の言葉

 

★本が好き!の献本書評

 

 山は「笑う」だけではないんです

 

「山笑う」という言葉が好きだ。
中央道から山が見え始めるといつもこの言葉が浮かんでくる。

「山笑う」は春の木々が一斉に芽吹いたり、花が咲いたりして、
山が活気づいている様子を表す言葉。
だから、この言葉が使えるのは1年のうちでほんのわずか。

にも関わらず、山が見えると単純に嬉しくて、
夏でも冬でもお構いなしに「山笑う」と、つぶやく私。

本書は「気持ちが伝わる美しい言葉」ということで、
日本語の美しさを存分に感じさせてくれる1冊だ。

響きのやさしい言葉、語源が奥深い言葉、
風景や季節の匂いまで運んで来てくれるような言葉。
日本語の表現の豊かさを改めて教えてくれている。

書評を書くようになって、自分の語彙力が乏しいことに
悲観していたが、本書の言葉たちを少しずつ生活の中に取り入れて、
自分のものにしてゆきたいなーと思いました。
(音声にして会話に取り入れるのはちょっと気恥ずかしかったり
するのでまずは文字や呟きからという小心者)

やさしい色遣いとイラストも入り
読んでいて非常にこころ安らぐ一冊です。

さて、冒頭の「山笑う」ですが、ちゃんと他の季節に対応する
言葉がありました。

<冬> 葉が枯れて、精彩を失った冬山には「山眠る」
<秋> 紅葉で彩られた秋の山は「山粧う(よそおう)」
<夏> 夏山は「山滴る」

どれも「山笑う」と同じくらい心地の良い言葉たち。

1年中「山笑う」で済ませていたわたくしも、
これで山を見た時のつぶやき言葉のバリエーションがぐーんと増えました!
語彙力が豊かになることは、生活そのものが豊かになる気がします。

さぁ、さっそく使いに出かけよう。「山滴る!」