読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

世界は終わりそうにない:角田光代

 世界は終わりそうにない:角田光代著のレビューです。

世界は終わりそうにない

世界は終わりそうにない

 

 

変化に富んだ1冊!注目は三浦しをんさんとの対談

 

エッセイ、対談、鼎談、書評と、1冊の中に、
いろいろな読み物が詰まっています。

気分によって、エッセイを読んだり、対談を読んだり。
読みに偏りが出ないよう、自分なりに変化をつけてページ
配分をしながら読んでみました。

そんな中、真っ先に飛びついたのが、
三浦しをんさん×角田さんの対談!

しをんさんのトークに魅了されている私にとっては

夢のような対談だ~と、ウキウキしながら、

飛び込んで行きましたよ!

このお二人の対談のテーマは「書評の愉しみ」。
なんと、なんと、身近なテーマで、これまた嬉しい悲鳴!
プロの方が書評を書くってどんな感じなのか興味津々です。

これは結構参考になりました。
というか、自分でもどうかな?って思っていた部分が、
意外にもプロであるお二人の悩みどころでもあるという。
メチャクチャ共感する部分がありました。

例えば、
「面白い本ほど、書くことが少なくなっていく」とか、
「自分語り→書評」とか、「あらすじを書く自分に腹が立つ」とか、
「けなす書評について」とか。

このあたり、日々感じていることなので、読んでいて爆笑を交え、
非常に楽しくもあり、参考になりました。

そして、期待のしをんさんの爆笑秘話。
ベッドの半分くらいは、山積みの本に占領されているって!
もう、どんだけーって感じですね。シーツをいつ替えるか

問題も(笑)

エッセイは人間考察、食、旅、恋愛と、角田さんの静かな

語り口調の中にも鋭い内容のものが多く、「私だったら」と

考えるシーンも多かったかな。

いろいろな所からの寄せ集めではあるが、次はどんな話かな?

という、わくわく感もあり、角田さんの読み物が漏れなく

読めるというお得感ありです。

 

 

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com