うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

春琴抄:谷崎潤一郎

 春琴抄:谷崎潤一郎著のレビューです。

春琴抄 (新潮文庫)

春琴抄 (新潮文庫)

 

 

美しい文章から谷崎の本気を見る

 (ネタバレ注意です!)

 

谷崎文学書評も5冊目です。
今回はちょっといつものニヤリ感が出ないほど、
美しい文章に惚れ惚れし、する~り、する~りと
小説の世界へと誘われた。
ある意味拍子抜け、ある意味、めっけものをしたという気分です。

この作品の大きな特徴は、句読点というものがほとんどなく、
読者によそ見をさせないという意地悪さがある。
息継ぎさえもできないという、酸欠ちっくな文体なのです。

さて、この話を通して浮かぶ単語は、純愛、主従、献身。
と、言いたいところなんだけど、どれもちょっと違う気がする。
言葉を探すも、しっくりくる言葉が見つからない。
読み終わってもなおこのふたりの結びつきってなんだろう?
と、つらつら考えてしまう。

大阪の薬種商・鵙屋の盲目の美少女・春琴。
我が儘でプライドが高く、高圧的な態度のため、
家族や使用人たちは手を焼いていた。
そんな曲者の世話をすることになった丁稚の佐助。

佐助はどんな時も、春琴の手となり足となり。
その傍ら、春琴から三味線を習いうようになり、
師弟関係を結ぶのだ。

その稽古の様子はまるで女王様!バチはそう使うのかーーー!
稽古という名のサディスティックなシーンに息を呑む。

そんな春琴に悲惨な事件が起こる。
弟子の一人に熱湯を顔にかけられるという大惨事。
痛みに堪えながら春琴は佐助に言う。

「わての顔見んとおいて」

その後、佐助も失明する。
自分で自分の目を針で突き刺したのだ。

すごい、なんてことだ。
こうすることによって佐助は春琴と同じ盲目の世界に住み、
美しい春琴の姿を永遠に自分の脳裏に刻みつけたのだ。

そこには後悔という文字は微塵もなく、
むしろその世界に陶酔している佐助の姿が印象的だ。

その後も春琴が亡くなるまで、いや、亡くなってもずっと
佐助は春琴に寄り添い、心から仕えたのだ。

春琴は妊娠もした。明らかに佐助の子であるだろうと
思われるのだが、春琴はそれを否定し続ける。
その後も子供ができたようだが、生涯一緒に住むことはなかった。

夫婦同然の暮らしのようであったが、実際どうであったのか?
佐助の位置は夫ではなく、弟子、奉公人といったものであった。

後のふたりのお墓の様子が綴られているが、それがこのふたりの
関係性、いや、佐助の気持ちの表れなのだろう。

 

春琴抄は松子さんへの愛を投影した文学

 

ん~やはり谷崎の作品だなぁ。
凡人が関係性や愛のかたちをあれこれ探ったところで
あまり意味がない。

ということで、改めて谷崎文学のスゴミを感じた作品であった。
今まで愉しいが勝っていたけれど、なんだかおっちゃんの本気を
見た気がしてちょっと震える(笑)

さて、書評を書き終えてから知った情報ですが、
「春琴抄は、松子への愛を投影した文学」ということらしい。

って言われると、ますます解りにくいのですが(笑)

佐藤春夫氏に宛てた書簡には
『松子への愛が成就しなければ
  「最後の決心は高野山の師を頼みて出家する」』
とまで書かれていた。

まぁ、どんな愛であれ、おっちゃんの本気は松子さんへの
気持ちでもあったわけですね。情熱的~!

 

【谷崎関連書評】どの作品が一番濃ゆいか追究中です。

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com