読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

晴れ女の耳: 東直子

本の紹介(女性作家は行)

晴れ女の耳: 東直子著のレビューです。

晴れ女の耳 (幽BOOKS)

晴れ女の耳 (幽BOOKS)

 

 

和歌山県紀州の深い森を舞台に広がる怪談短編集

 

全体的に昔話を聞いている感じで、恐怖心より
はやく先を知りたくなるような雰囲気は
まるでおばあちゃんが話す昔話を聞いているような読み心地。
そして、どの話にもいろんなユニークなおばあちゃんが登場しますよ~。

1番目の「イボの神様」、インパクトあります。
イボって一体なんだろう?どうして出来るんだろう?
どうして増えるんだろう?考えれば考えるほど不気味な存在。

イボのできた少女に母親が「イボの神様にお願いしてみる?」
と話を持ちかけます。母親も昔、お願いして治したという。
よく効くらしいのです。

そして数日後、母の実家・和歌山からよく乾いた緑色の葉が
何枚も送られてくる。
この葉っぱをイボにこする。
そしてイボの神様に一心にお願いする。
7日たったら、その葉っぱを燃やす。

ここで大事なことは、中途半端な気持ちでお願いしてはいけないということ。
そうでないと・・・・。

少女はちゃんと信じてお願いした甲斐あって、イボは綺麗になくりました。
でも、イボってどこへ消えていくのだろうか?そこには意外なことが・・・。

この話・・・なんだか身体の中からムズムズするようなものがあり、
サムイボがわーっと立っちゃいました。
迷信的なものや、信仰が合わさった感じの話だった。

おまじないや迷信的なものってあったよなぁ。
「喉元過ぎれば熱さを忘れる」じゃないけれど、
治ってしまえばすっかり忘れてしまうわけけだが、
その先をちょっと考えさせられちゃう話でもありました。

私が気に入ったのは「先生の瞳」。
作家の先生の正体は、母親が海蛇、父親が人間。
そしてその子供である先生は河童!?
ちょっと哀しくも、なんとも言えない幻想的な世界を
感じさせられた話でした。

バリエーションがあり、どの話も大変ユニークでありました。
東直子さんは歌人でもあるとのこと。
こんな世界を描ける方の短歌はどんな感じなのでしょうか?
そちらの方も気になるところです。