読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

かわいい結婚:山内マリコ

本の紹介(女性作家や行)

 かわいい結婚:山内マリコ著のレビューです。

かわいい結婚

かわいい結婚

 

 

いつかどこかに放出してやろうという感じが堪りません!

 

3つの短編がコンパクトに収まっています。
どの話の主人公たちも、心にちょっとした殺伐としたものを抱え、
のどがイガイガしちゃうような落ち着かなさがあるのだけれど、
リアリティのある文章にどんどん読み進めてしまう。

山内さんの作品の女子たちって、いつも戦闘態勢っぽい。
ささくれた気持ちを持て余し、いつかどこかに放出してやろうと
いう感じが堪りません。

女性たちの会話、揺れ動く心。
そして見えている風景は、伊勢丹だったり、ビッグボーイ
メニューだったり、ルンバたったりと、登場する小道具の類まで、
いちいちリアリティがあって、より一層身近な小説に思えてくる。


♥『かわいい結婚』
家事の苦手な29歳の新妻の話。
夫のまーくんとは順調に仲良く暮らしているが、家事の大変さにうんざりし、
この先、一生こんな生活が続くのかと・・・と、ささくれる。

悪夢じゃなかった?』
サラリーマンの裕司が、朝目覚めると、巨乳女に変身していたという
シュールな話。とりあえず家を出て、女子用のアイテムを次々購入し、
女性が日々困惑する問題を実体験。
そして、別れた彼女に会いに行ったら、意外な展開が!?

♥『お嬢さんたち気をつけて』
同じ人を好きになったり、喧嘩したり、地元を離れたりしながらも、
細々とつながっている女の友情を描いたもの。

 

女子の苦行を男子が体験!?

 

ちょっと風変わりだったのは、『悪夢じゃなかった?』かな。

女性用の靴の履き心地の悪さや、ブラジャーの拷問のようなきつさ。
膨大な数の化粧品選び、足を開いて座れないとか、男性が女性になると
結構な苦行が待ち構えていることが解る。
ソングショーツをはじめて履くシーンは爆笑ものです。

また「結婚」という言葉と同じくらい男性がナチュラルに
口に出来ないものがあるという件。

生理用ナプキン、ファンデーション、ネイルサロン、マカロン

面白い考察?だなぁー、実際どうなのだろうか?
けど、なんとなく「マカロン」的なニュアンス分かるよ、分かる!

3つとも個性がある作品で、甲乙つけがたい。
『かわいい結婚』は、これから結婚を目指す女性にとっては、
興味深いテーマだと思う。エンドレスな家事とどう向き合うか!?

個人的には『悪夢じゃなかった?』の
裕司の新たな目覚めが気に入っている(笑)

長編もいいけど、短編もなかなか!
ますます今後が楽しみな山内さんである。注目してゆこう!

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com