読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

TOKYO初夜ものがたり:梯久美子

 TOKYO初夜ものがたり:梯久美子著のレビューです。

TOKYO初夜ものがたり

TOKYO初夜ものがたり

 

 

成功者たちのはじめの一歩・東京

 

著名人11人の上京した初めての夜、
どう過ごしたかをインタビューし、集めたものです。

ボンカレー温めて、包丁でピッと袋を切ったのが、生まれて
初めての「自炊」です。

これは鴻上尚史さんの言葉ですが、本当に上手く表現されて
いるなぁーと、思わず唸ってしまいました。

上京の話がメインのはずですが、人によっては話がどんどん広がって行き、ちょっとした人生日記のような雰囲気もありましたが

それはそれで面白いです。

 インタビューされた人々のいた時代背景なども良く出ています。

 

意外な共通点が見えてくる

 

東京に出てきての成功者。
読んでいてこれらの人達には共通点が多いことに気付く。
私が感じたのは、

・切り替えが早い
・自分の状況に応じて人間関係を変えていく
楽天
・強い思い入れがさほどない
・時の流れに上手く乗って行く

このような人達が、ある日、花開くといった感じでしょうか。

どんなに昔のことでも初めての夜のことは、
みなさん意外にもしっかり覚えているものなのですね。

ちなみに私はリリー・フランキーさんの話が一番
面白かったです。何度か噴き出しました。

この装丁…私のツボです。もう何度も眺めてしまいました。
東京といえば、やはり私の好きな風景はこれです!

飛行機の窓から見る着陸寸前のこの風景。
「あー戻って来た」と、嬉しくなる一時です。

上京する人、またはこれから新しい土地で頑張る人にもお勧めです。

 

【登場する人々】
リリー・フランキー鴻上尚史、佐々木常夫、みうらじゅん小山薫堂
速水奨、梅図かずお、しりあがり寿中村うさぎ楊逸ゆでたまご