うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

珍品堂主人:井伏鱒二

 珍品堂主人:井伏鱒二著のレビューです。

珍品堂主人 (中公文庫)

珍品堂主人 (中公文庫)

 

珍品堂VS蘭々女

 

骨董を題材にした小説を探していて、辿りついたのがこの小説。

珍品堂と呼ばれている骨董好きの男が、
実業家九谷士の広大な邸宅が空いているということを知り、
そこで高級料理屋の経営を思い立ち動き出す。

承諾を受けた珍品堂は、食器から食料にいたるまで、
得意な分野を活かし集めまくり、夢への一歩を踏み出すのだが、
そこへ九谷の紹介で、やり手の蘭々女という女性が参入して来る。

料理屋自体は順調で、大阪に支店まで開くことになるのだが、
やがて、蘭々女がのさばりはじめ、従業員を巻き込みながら
ドタバタ劇へと流れて行く。
この蘭々女という女性はそつがなく、見どころのある人物。
そこへ珍品堂が挑んでいくという面白さ。それいけー!と、
やんややんやと楽しんでしまう。

 

骨董と女は同じか!?

 

井伏鱒二の作品ははじめて読んだが、人間関係の微妙な
やり取りを描くのが上手だな~と。しかも、大変読みやすいので、
余計なことは考えずにズンズン読み進められる。

珍品堂が料理屋を始めて動くまでも早かったが、
蘭々女との幕引きもわりとあっさり終わっている。
このあたり粘着質に話を引っ張る作家が多い中、
淡泊と言うかスパッとしていると言うか・・・。
井伏鱒二の性格もあっさり系だったのでしょうか。

解説を読むと、細部にわたり読者を楽しませている
ポイントが散在していることが確認できる。

骨董は女と同じだ。
変なものを掴むようでなくちゃ、自分の鑑賞眼の発展はあり得ない。

骨董と女性を絡めるあたりがとても印象的だった。
この「女」という部分を「男」にも置き換えてもいいのではないか?
など、余計なことを考えてしまったわけだが(笑)

今回は面白くてどんどん読んでしまったが、
次に読む井伏作品はじっくり読んでみたいものだ。