うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

仏壇におはぎ:武田花

 仏壇におはぎ:武田花著のレビューです。

仏壇におはぎ

仏壇におはぎ

 

 

どこも知っているようで知らない場所

 

今年出会えてよかった作家さんのひとり、武田花さん。
地味な風景のモノクロの写真と、小粋なエッセイが魅力的で、
いくら読んでいても疲れない。

本を開くと、
待っていましたかのように、猫がこちらをじっと見ている。

「はいはい、戻って来たよ。」

思わずそんなことを猫に話しかけたくなる。

次を開くと、
誰もいな食堂のような寂れた大広間。窓からは海の景色。
日差しの様子からきっと秋の終わりごろ。

次は、
海をバックに大根が大量に天日干しされている風景が広がる。
どんな日差しも受けて立とう!という雰囲気の、たくましい大根たち。

なんの脈略もなく現れるモノクロを見ていると、
寂しいながらも日だまりがあるような温かさを感じ、
背中を丸めていつまでも浸っていたくなる。

「わ」の話は、
お彼岸のはなしからはじまるエッセイ。

(ご両親の)仏壇におはぎを載せた小皿を置く。
今の飼い猫を無理矢理膝に乗せ、前肢を合わさせ、
南無阿弥陀仏」を唱えてから、おはぎをぱくりとやる。
すると、トメさんと、あの巨大なおはぎを思い出すのだ。

両親の仏壇のはなしから、おはぎにまつわる話へとシフトし、
小刻みに蘇るエピソードが浮かんでは消える。
いつの間にやら仏壇の前でうたた寝してしまうまで。

エッセイと写真が必ずしもマッチしているわけでもなく、
なのに、全体的なトーンに一貫性があってとても不思議。

ミニクラブ・カルティエ、
  パブ・パパ、プリジェンヌ、
      パブ・フレンド、クラブ・ビショップ

頭上に広がるネオンサインが、迫って来る場末の小さな飲み屋街。
そうかと思えば、卒塔婆の写真。

どこも知っているようで知らない場所。

気だるい雰囲気も含めて、
武田花さんの作品たちに魅了されています。

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com