読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

今日の私がいちばんキレイ 佐伯流人生の終いじたく:佐伯チズ

 今日の私がいちばんキレイ 佐伯流人生の終いじたく:佐伯チズ著のレビューです。

 

★本が好き!の献本書評です。

 

諦めないで! 肌はいくつになっても再生する!

 

佐伯チズざんと言えば「美白の人」というイメージで、
一時、テレビで洗顔やパックで気軽にできる肌のお手入れを
紹介されていましたね。

こういう美容界の方ってなにをきっかけにブレイクするのか?
ちょっと私の中で謎だったのですが、ほんと、些細なきっかけ、
些細なチャンスがその人の人生を大きく変えて行く
ものなんだなぁと、チズさんの本を読んで思いました。
もちろん、ご本人の努力あってのことですが。

ということで、この本からは、元気なエネルギーが流れています。
エッセイ的な読み物でありますが、これまで生きて来た足あとを
辿り、その都度チズさんが体験し得たものが綴られている。

チズさんって、セレブマダムの方だと思っていましたが、
随分早くにご主人を亡くし、ご苦労されていたよう。

ご主人の骨を泣きながら食べて暮らしていた…なんて壮絶な
思い出話も登場し、いたたまれない気持ちになったが、
抜け出してからの美容界でのご活躍には目を見張る。

常にチズさんの中にあったのは「具体的な夢」があったから。
この「具体的」というのが大事だという。

私的に共感したのは「執着」の話。
確かに輝いている人たちは年をとっても
「執着せず、好奇心旺盛で、話題が豊富」
というのは頷ける。よって老けて見えないというのは、
周りにいる素敵な諸先輩方から私も感じていることだ。

 

やはり知りたい!美白の秘訣!

 

さて、古希を迎えたチズさん。
やはり、あの肌艶、張り、美白の維持力は誰しも羨ましく思い、
またその秘訣を探りたくなるだろう。

「一体何をすれば?」と、揉み手をしながら聞きたくなるのだが、
この本によればやはり「一番大切なことは、食べること」
なんだそうだ。

「健康法=美容法」と言うように、健康こそが
美容に繋がるってことのようだ。

「でもきっと、それだけじゃないだろう?」と
ジリジリとした気持ちが。

だって、チズさん、白目の部分まできっちりケアしてますもの。
これは目から鱗だった。
クレンジング後に、精製水で目を洗っているんですって。
「白目は生き物の鮮度が顕著に表れる部分」とのこと。
はぁーやっぱり、細部まできっちり努力されているんですよね。

最後にチズさんが提唱する美肌の5条件「うなはたけ」。
< うるおい、なめらかさ、はり、だんりょく、けっしょく >

肌は何歳になっても再生するとのこと。
諦めないで!(笑)