読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

お初の繭:一路晃司

 お初の繭:一路晃司著のレビューです。

お初の繭

お初の繭

 

 

製糸場の工女たちの話ではあるのだが…

 

レビューを見ると評判があまり良いとは言えず迷ったのですが、
「富岡日記」を読んだこともあり、製糸場の工女たちの話となれば
読まずにはいられない。
仮に外してもまぁよしとしよう…という気持ちで借りてみました。

日本ホラー小説大賞受賞ということですが、
「ええ?どういうこと?何が起こっているの?」という
ピークは後半部分のほんの数十ページだった。

しかし、製糸工場に奉公に出される女の子たちが
地元から出発する時から、怖いというものとは別次元の
不気味なムードはすでに始まっていた。

読者もこの少女達と同じく不安を抱えたまま
この製糸工場に足を踏み入れる。

そこで最初にしたことは屈辱的な身体検査。
この結果により少女達はランク付けされ配属が決まるのである。

過酷な労働とか体罰とかも予想していたのですが、
そのようなシーンはそれほど出て来るわけではない。

しかし、食事ごとに飲まされる薬、日に日に変わって行く友達の姿、
社長の息子の不審な動き…等々、なんか気になる要素をあちこちに
散らし、モゾモゾした感じがなんとも気持ち悪く、
結局、どんどんページをめくることになってしまった。

思春期の少女たちの無垢な身体をこういう形で扱ってしまうのは、
いかがなものかと思う気持ちも確かにあり、後味も悪い。

救われたのは「富岡日記」を読んでいたこと。
本物の記録と小説と重なる部分と異なる部分の比較をしながらの
読書は結構面白かったので、この世界が気になる方は
「富岡日記」を前後に読むと良いかな…。