読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

美しく生きる―中原淳一その美学と仕事(別冊太陽)

 美しく生きる―中原淳一その美学と仕事(別冊太陽)のレビューです。

美しく生きる―中原淳一その美学と仕事 (別冊太陽)

美しく生きる―中原淳一その美学と仕事 (別冊太陽)

 

 

今も息づく娘たちの憧れ

 

リアルタイムで「それいゆ」を読んでいた母の影響もあり、
中原淳一のイラストを見つけるとついつい手を
伸ばしてしまうようになった。

中原淳一と言えば、母親世代にとってはファッションの
お手本だったようで、今でも彼女は中原淳一のイラストを見ると、
まるで娘時代に戻ったかのようにきらきら目を輝かせ、
「そうそう、これと同じの作ってもらったわ」

「これ流行っていたのよ」など、とめどなく語り始める。

いいですよね、幾つになっても娘時代に戻れる世代本って。
話を聞いているだけでも、なんだか楽しくなっちゃいますもん。

「美しく生きる」は、中原淳一のイラスト、著名人のエッセイ、
浅丘ルリ子×芦田淳の対談や、装丁画、スーベニール、影絵、
人形等々、数多くの作品をカラーページで飾っている。

すでに方々で紹介されている作品が多いけれども、
何度見ても飽きないですねぇ。

「わー千秋(タレント)に、そっくり!」
「ウエストほっそい~、細くなきゃ着れないなぁ。」
「人形はちょっと、怖い」
「ほしい、ほしい!乙女系付録がほしい!」

・・・などと、ぼそぼそ言いながら見るのもまた楽し。

特に今回は髪型のバリエーションに釘付け!
リボン使いや、巻き髪の可憐な雰囲気がたまりません。

リボンをつける年齢を、とうに終了してしまったから、
尚更いいな~って感情が迸ってしまうのである。

中原淳一世代ではないけれど、エレガンスな気分に浸れる
イラストの数々は、ちょっとささくれた気分の時に見ると
「ハッ」とさせられることが多い。

指先のしぐさまで、美しい娘たちの姿を見ていると、
ささくれた気持ちが浄化されてゆく。
美しいイラストたちに囲まれ、しばし時を忘れるのであった。

そして、たくさんの娘たちを魅了した中原淳一氏の作品から、
上品で美しいものは世代を超えて生き続けるものなのだと、
強く思った次第です。