うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

よるのかえりみち:みやこしあきこ

 よるのかえりみち:みやこしあきこ著のレビューです。

よるのかえりみち

よるのかえりみち

 

 

あの灯りの向こうには。

 

ふゆの夜、
電車から家窓のオレンジ色の灯りを見ると
なんだかとっても安心する。

あそこのうちも、こちらのうちも、一日を終え、
美味しい匂いが漂い出す時間。

「わたしも早く帰って、あったかい部屋でぬくぬくしたい!」
と、家路を急ぐのである。

 

そんな情景がすきな人にぴったりの絵本。

だれもいない静かな街を、
遊び疲れてお母さんに抱っこされているうさぎの坊や。

 

さまざまなうちの窓から見える、さまざまな夜。

 

ただそれだけが描かれている絵本なのだけれど、
ひとつひとつの窓に灯りが燈ってゆくような、
そんな安らぎが感じられる雰囲気がとてもよいのです。

 

とにかく、絵が素敵!!
家に帰って眠っている坊やの寝姿といったら!

 

日本人の作家さんですが、洋書のような雰囲気です。

戦闘モードの朝に読むより、夜に読むのがお薦め!
もう今日はなにもすることがない・・・という一日の終わりに、
パジャマになって坊やと一緒に心地よい眠りに・・・。