読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

点子ちゃんとアントン:エーリヒケストナー

本の紹介(岩波少年文庫)

 点子ちゃんとアントン:エーリヒケストナー著のレビューです。

点子ちゃんとアントン (岩波少年文庫)

点子ちゃんとアントン (岩波少年文庫)

 

 

鳴り響く点子ちゃん注意警報!

 

数年に一度、児童書から強烈な印象を残す子どもに出会うのですが、
点子ちゃんは間違いなくその一人になりました。

もうのっけからって感じで、「この子、ぜーったい何かしでかす!」と「点子ちゃん、注意警報」が、わたしの中で鳴り響きます。

「マッチは、マッチはいかがです?そこのだんなさま、奥さま!」
「わたしども貧しい者を、あわれとおぼしめせ。

ひと箱たったの十ペニヒ」

飼い犬ビーフケが不思議そうな顔で見守る中、
すすり泣きながらしきりにひざをかがめて、
おじぎをする少女、点子ちゃん。

寒空の下、健気に少女が頑張っている・・・涙を誘う光景です。

・・・って、思いたいところだが、、点子ちゃーーん!
なんと、リビングの壁に向かってやってるんです。

点子ちゃんの芝居はどんどん勢いが増し演技に力が入ります。
もうここを読んだだけで、はやくも私は点子ちゃんのファンへ。
さぁ、この先、何が起こるのだろうと、わくわくした気持ちで
物語がはじまるのです。

貧しく病気の母の世話をする真面目で心優しいアントン少年。
お金持ちの両親はいつも忙しくて、ちょっと寂しい点子ちゃん。
家庭の状況は真逆の二人ですが、点子ちゃんとアントン

とても仲良し。

この物語の大きな軸になっているのがこのアントンと

点子ちゃんとの友情。

点子ちゃんが悪ガキにいじめられれば、アントンが助ける。
アントンが学校でピンチになれば、点子ちゃんが直接

アントンの先生に会いにゆき事情を説明する。

しかも、アントンに気づかれぬよう密かに
彼のピンチを救いに行くという男前さを披露!

友達を守ろうと、一直線に向かってゆく点子ちゃん。
お茶目でユーモラスなだけではなく、友達のためにひと肌脱ぐ
その行動力と勇気にとても惹かれるものがありました。
この二人の関係の心地良さと言ったらない。

さてさてなにやら点子ちゃんに動きが!
彼女は両親の居ない夜、家を抜け出し、街角でマッチ売りを

しているようです。
冒頭の芝居はこのためにだったのか~。

なぜお金持ちの家の子がマッチ売り?
お父さんとお母さんにばれたらどうするの?

 

物語の他にケストナーからの問い掛けが深い

 

本書にはもうひとつ読みどころがあります。
各章の終りに「立ち止まって考えること」というコーナーが設けられていて、ケストナーからのちょっとした語りかけのような

ものがあります。

「義務」「空想」「貧乏」「生きることのきびしさ」「友情」「うそ」等々・・・。
これらのテーマをもとに、短くはありますが、ケストナー

なかなか深い考察に出合えます。

さぁ、終盤。点子ちゃん、街角でマッチ売りをしていることが、
やっぱり両親にバレちゃうんですねぇ。

一体どうなることやら・・・・。
ラストはこれまた意外な展開に!

点子ちゃん、アントンだけでなく、点子ちゃんの養育係の

アンダハトさんや、太っちょのベルタさん、飼い犬の

ピーフケなどの脇役たちも個性豊かで、物語にたくさんの

色を重ねてくれています。点子ちゃんのお父さんも素敵!

西加奈子さんの「円卓」の主人公・こっこちゃん以来かな~。
こんなに興奮して釘付けになった少女は!

楽しいだけじゃなく、いろんな角度から物事を捉える大切さを
教えてくれた物語。何度も読みたくなる作品である。