読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

まにまに: 西加奈子

 まにまに: 西加奈子著のレビューです。

まにまに

まにまに

 

 

普通の日の西さんを覗きに・・・

 

「まにまに」というタイトルが、私は大好きだ。
─────と、西さんはおっしゃっている。

うん、私もこのタイトルが好きです。
なんだかおまじないみたいな響きだなーと思っていたら、
西さんもそのようなことをおっしゃっていて、嬉しくなってしまった。

さて、久しぶりの西さんのエッセイ。
西さんの書く小説が大好きなわりに、普通の日の西さんの姿を
知らなかったりする。だから、ひとつひとつ明かされることが
とても新鮮に感じました。

この本はふらっと西さんのお宅へ伺って、プライベートな部分を
話してもらったような気になれるエッセイでした。

日々どんなことに目が向き、どんなことに泣いたり笑ったりしているのか。
そして、どんな音楽を聴き、どんな小説に心を躍らせているのか。

じっくり話を聴くうちに、西さんの世界へ引き込まれてゆく。

エッセイを読んで行くうちに西さんの歩んで来た道のりが伺える。
東京に出て来たばかりの時の心細かった状況から、結婚や文学賞
受賞など静かな文筆業の裏には、目まぐるしい変化がこの6年で
あったのだなぁと、感じさせられます。

 

気さくな西さんの快活なお喋りを聴いているよう

 

小説からも感じていたけれど、とてもチャーミングな女性。
それを確認するために読んだけど、まったくその通り(笑)

どんな場でも「かなこです」と言えず「西です」と言う西さん。
無駄な自意識を持つ部分さえも私には魅力的な女性に映る。

適度に笑かせてくれるし、直木賞受賞した大作家さんなのに、
気さくだからまるで友達のような親近感がもてる。
西さんの関西弁も可愛いしなぁ。

エスニック感漂う装丁画も西さんが描いたもの。
表紙からも「まにまに」した感じが、これまたわくわくさせられます。

小説もエッセイも、彼女の書いたものは
口角が上がる魔法が含まれている。

まにまに。

ね、この言葉だって言ったあとは口角が上がる。

まにまに。

 何度も言っちゃう不思議な言葉。

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com