読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

マイストーリー:林真理子

 マイストーリー:林真理子著のレビューです。

マイストーリー 私の物語

マイストーリー 私の物語

 

 

自費出版業界の世界が覗ける小説

 

久々に読む林さんの長編小説。
朝日新聞に連載されていたのは知っていたのですが、
毎日小出しに読む作業が苦手なもので、書籍化されたら
一気に読もうと思っていました。

出版社の話は小説として結構書かれて来たように思うのですが、
自費出版」という域に切り込んできた方はいないのでは

ないだろうか。

今回そこにメスを入れた林さん。
マイストーリーは、自費出版の編集者と本を出したいと
思っている人々をさまざまな角度から描いた小説。

自費出版された本というものがどのように作られているのか、
いかに普通の出版と異なるものであるかというのが解る。
また、どんな人が自費出版を願い出るのかといった部分も
興味深いところである。
ゴーストライターとか、部数・印税とか、テレビドラマ化

等々・・・結構生々しい話も登場する。

 

後半は嫌な女の登場により人間関係に焦点をあてる

 

と、前半は様々な葛藤を経て出版されてゆく本と人間関係が
描かれているのですが、後半、編集者の太田が、「夫のことを本にしたい」と言ってきた女性の担当になったことから、どんどん

ドロドロした人間模様が展開され、「あーキタ、林さんの世界」

といった雰囲気へ。この未亡人がなんとも強かで。綺麗な容姿、

弱くて守ってあげなきゃと思わせる女。

そして、本がドラマ化されることが決定し、彼女はどんどん注目を浴びる。しかし、彼女には驚くべき過去が・・・。

女性たちは本能的に「この女は近づいたら、あかん」と感ずいているが、男性にはそれが見えない・・・の典型のようなパターンで大田も漏れなくコロっていっちゃうんだな、これが。
よってボロボロにされちゃう・・・という展開へ。

このあたりのイヤ~な感じがなんともね。
女を敵に回す女を描くのが上手いです(笑)

結局、後半は出版社の話だけではなく、嫌な人間関が次々に露出。
それぞれの思惑にイライラしながら、まぁ、なんとか最後は
落ち着くところに落ち着いた感じだ。

自分の人生を本にしたいと考える高齢者が多いそうだ。
これから高齢者は増える一方。

自費出版社は自費出版社の役目があり、
需要はこれからも伸び続けるのではないか?
そんなこともふと考えさせられた小説でありました。